「ほっともっと」3種の“月見弁当”発売! とろ~り玉子と味わう秋メニュー

グルメ
「ほっともっと」月見弁当
「ほっともっと」3種の月見弁当が登場!

 持ち帰り弁当の「ほっともっと」は、9月16日(木)から、秋に食べたくなる3種類の“月見弁当”を発売する。

■あなたはどれが好み?

 今回登場するのは、月に見立てた玉子と合わせて味わう「月見焼鳥つくね丼」、「月見ねぎ味噌かつ丼」、「てりたまハンバーグ弁当」の3種類。
「月見焼鳥つくね丼」(税込 540円)
 「月見焼鳥つくね丼」は、若鶏のモモ肉を高温の備長炭で焼いた焼き鳥と、挽肉に軟骨を練り込んだコリコリ食感のつくね、長ねぎ、刻み海苔を散らしたごはんを、温玉に絡めて味わう丼メニュー。とろっとした温玉が甘辛い味付けを引き立て、食欲そそる一品となっている。
「月見ねぎ味噌かつ丼」(税込 590円)
 また「月見ねぎ味噌かつ丼」は、ロースとんかつをごはんの上に盛り付け、特製味噌だれをたっぷりかけたボリューム満点の弁当。鰹出汁やオイスターソースなどを加えた味噌だれは、濃厚かつ豆板醤の辛みが後を引く味で、温玉と一緒に食べるとまろやかな味わいに変化する。
「てりたまハンバーグ弁当」(税込 590円)
 さらに、ジューシーなハンバーグに照り焼きのたれをかけ、目玉焼きをのせた「てりたまハンバーグ弁当」も用意。甘辛い照り焼きのたれは、濃厚ながらも黒胡椒を加えてさっぱりした後味に仕上げている。

【「『月見焼鳥つくね丼』&『月見ねぎ味噌かつ丼』&『てりたまハンバーグ弁当』」概要】
発売日:9月16日(木)

エンタメ最新記事一覧