西武園ゆうえんち、グランドオープン日決定! 世界初の『ゴジラ』アトラクションも

おでかけ
ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦
「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」キービジュアル  TM&(C)TOHO CO.,LTD.

 埼玉・所沢にあるリニューアル中の西武園ゆうえんちが、5月19日(水)に、グランドオープンすることが決まった。あわせて、プロジェクトの全容も明かされ、『ゴジラ』のライド・アトラクションも登場することがわかった。

■『ゴジラ』や手塚治虫の世界も体験可能!
園内MAP   TM&(C)TOHO CO.,LTD. (C)TEZUKA PRODUCTIONS
 刀と協業した西武園ゆうえんちは、この春、1960年代をイメージした“あの頃の日本の町並み”を再現し、そこで暮らしているかのような人々とのインタラクションが楽しめる施設にリニューアル。12機種のアトラクション、30店舗が並ぶ商店街、12店舗ある飲食施設で構成される。
「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」キービジュアル  TM&(C)TOHO CO.,LTD.
 中でも注目は、商店街から見上げる丘のうえにそびえ立つ映画館。ここには『ゴジラ』をテーマにした世界初のライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」が設置され、ゲストはゴジラやキングギドラたちの激闘の真っ只中に放りこまれ、突如として襲われるスリルの連続に、息つく暇もない超絶大興奮な体験を楽しめる。
「レオランド」ロゴ&キャラクター (C)TEZUKA PRODUCTIONS
 また、手塚治虫氏の『鉄腕アトム』や『ジャングル大帝』をはじめとしたキャラクターが登場するファミリーエリア「レッツゴー!レオランド」も出現。本エリアでは、颯爽と走り抜けるジェットコースター「アトムの月面旅行」や、回転型ライド・アトラクション「飛べ!ジャングルの勇者レオ」など4つのライド・アトラクションを含む、6つの体験を提供する。
新キービジュアル
 そして、活気あふれる商店街を抜けた先には、西武園ゆうえんちのシンボルである「大観覧車」や、夕暮れになるとライトアップされる幻想的な「メリーゴーラウンド」、宙を飛びまわっているかのような、浮遊感とスピード感が味わえる「回転空中ブランコ」など懐かしい雰囲気を感じるアトラクションたちが登場。西武園ゆうえんちで長く愛されてきたアトラクションの数々は、音響効果やフレンズクルーの“おせっかいなほど”のインタラクションにより、体験を一新するそうだ。
西武園通貨使用イメージ (C)TEZUKA PRODUCTIONS
 本パークでの買い物は、「西武園通貨」という独自の通貨がマストアイテム。「百園(ひゃくせいぶえん)」と「拾園(じゅうせいぶえん)」の2種類を導入し、当時の物価そのままに買い物やさまざまな体験ができるそうだ。徹底的にこだわられた色合いや手触りにも注目したい。
 
【「西武園ゆうえんち」概要】
オープン日:5月19日(水)
料金:1日レヂャー切符(入園+アトラクションフリー) 大人(中学生以上)4400円/子供(3才~小学生)3300円 ※価格は税込み

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介