『恋あた』浅羽(中村倫也)の“デート服”が話題! 萌える“猫舌もんじゃ”シーンも

特集・レポート
【トレンド】『この恋あたためますか』第5話
浅羽が里帆を抱きしめる! 『この恋あたためますか』第5話より  (C)TBS

 テレビドラマ『この恋あたためますか』(TBS系/毎週火曜22時)の第5話が、11月17日(火)に放送された。衝撃のキスで幕を下ろした前回だったが、今回は中村倫也演じる浅羽拓実の私服姿や、樹木との急接近など、てんこもりな内容だった。(文=阿部桜子) ※本記事はネタバレを含みます。ご注意下さい

■突然のキスに喝!

 新谷誠(仲野太賀)が、井上樹木(森七菜)に突然キスをして終わった第4話。第5話は、樹木が、同じスイーツ課の北川里保(石橋静河)と、元スイーツ課課長の一岡智子(市川実日子)に、“友達の話”としてキス事件を相談するところから始まる。
市川実日子演じる一岡智子 (C)TBS
 もちろん二人は“樹木の話”であることは見抜いているのだが、ここで一岡がズバッと言い放つ。「同意のないキス、これダメ」「ろくでもない男」。また、里保も続けて、「ほんと最低」「わたしだったら、ぶん殴ってやるけど」と、樹木のキスの相手に敵意を見せる。

 身元もわからない王子様からのキスを待ち、眠りから覚めるプリンセス像はもう時代遅れ。嫌なキスは「ぶん殴ってやる」という里保と一岡の心意義は、ラブストーリーにおける2020年代の前進を感じられる。短いシーンではあったが、たとえフィクションでも“同意のないキス”に賛同しない世界で物語が繰り広げられているという場面を挟んだのは、女性の強かな恋愛を応援する制作側のメッセージが込められていたように映る。

■樹木&新谷が遊園地デートへ
遊園地へ出かけた新谷&樹木 (C)TBS
 そんな新谷は自分の過ちを見つめ、キス事件以来の再会で、「樹木ちゃん、ごめん!」と、いの一番に誠心誠意謝罪する。樹木も、とがめたいと言うよりは、気まずさを取り除いて元に戻りたい気持ちが大きいようで、「気にしないで! あたしも気にしないし、そしたら、もう今までどおり!」と流した。
楽しそうに「たいパフェ」を食べる新谷&樹木 (C)TBS
 しかし、「嫌だ」と引き下がらない新谷。この場は邪魔が入り、思いを伝えられなかったが、後日、新谷は、樹木を“リサーチ”と称し遊園地デートに誘い、そこで、「樹木ちゃんの特別になりたい。今すぐじゃなくていい。いつか」と胸の内を明かす。樹木は「ありがとう」と返したが、その言葉はどことなく乾いている。次ページ:【ネタバレあり】反響があった浅羽のデートシーン!

■“もんじゃ焼きシーン”は見逃せない

 そんな第5話だが、今回は特に中村演じる浅羽が光る回だった。樹木&新谷の裏で、里保&浅羽の元恋人コンビも動き出し、「週末、空いてる?」と里保が浅羽を誘い、浅草へ出かけることになったのだ。
デートにでかけた里保&浅羽 (C)TBS
 出番がほぼスーツ姿の浅羽による、タートルネックとメガネを着用した“休日社長スタイル”は、言わずもがな、視聴者の恋心に火をつけたよう。Twitterでは「浅羽社長の私服はやばい」、「デートの時の浅羽社長は完全に中村倫也」と話題になり、役柄を通り越して中村との“疑似デート”として楽しむ声も上がった。

 デートシーンの中でも見逃せないのが、もんじゃ焼き屋のシーン。浅羽はテキパキとした段取りでもんじゃを完成させていく。しかし、猫舌で有名な中村。今年8月に放送された『KIBO宇宙放送局』でも、宇宙に関連させて「スペース猫舌なんですよ」と語っていた彼は、バラエティ番組での食レポや、YouTube動画シリーズ「中村さんちの自宅から」などで、熱々の料理に舌を震わせる仕草や、入念な“フーフー”姿を見せてきた。

 浅羽も猫舌なのか、熱々もんじゃに素が出たか…。実食シーンでは、もんじゃを食べ、「しゅほしゅほ」と口をすぼめながら、一生懸命口内の温度を下げる浅羽の姿が映し出される。これには里保も満面の笑み。その後、「おいしい、おいしい」と言いながら、前髪を耳にかける仕草も“萌えポイント”が高く、中村の演技は、ファンの心をやけど寸前まで温めた。

■里保に残る“良い彼女”像

 さらに、第5話で印象的だったのが、浅羽の心情の変化だ。これまで、口調や眉間に、どこか緊張を含み、“社長”のフィルターをかけた浅羽の姿ばかり映し出されてきたが、今回元カノの里保でさえ踏み込めなかった“浅羽拓実”の真の姿があらわになる。
里保を抱きしめる浅羽 (C)TBS
 浅草デートの末、浅羽と里保は、やり直すことになり、その帰りに里保がある質問をした。それは、新谷から聞いた、浅羽は昔はスイーツが好きだったという過去について。嫌いになった理由を問う里保に、浅羽は「食べすぎて、それで嫌いになった」と返し、「そっか!」と里保もそれ以上追及しなかった。
今度はワガママを言うと宣言した里保 (C)TBS
 その直前に、里保は、前回の交際は、夢に向かって頑張る浅羽を応援し、困らせるようなワガママを言わない“良い彼女”を目指していたと語っていた。今度はワガママをめっちゃ言うと宣言したが、元サヤに戻った今でも里保は気を使った笑顔を貼り付け、浅羽の心に踏み込めない。次ページ:【ネタバレあり】浅羽と樹木に進展、しかし…

■樹木の想いが浅羽の心をほぐす

 そんな里保の遠慮を浮き彫りにするかのように、その後、樹木が、浅羽に里保と同じ質問をし、浅羽の心に踏み込んでいく。浅羽は少し驚いた様子を見せたが、回答は里保と同じ。しかし、樹木は「それは嘘でしょ」と見抜いた。
「甘いものは人を幸せにする」とメディアに答えていた浅羽 (C)TBS
 「なに?」と浅羽が苛立つ。樹木は、自分自身が甘いものをたくさん食べているが嫌いにならないと言い、「『甘いものは人を幸せにする』でしょ?」とメディア対応での浅羽のリップサービスを引用して返した。

 しかし、ここで浅羽が感情をむき出しにしたような早い口調で「それは違う」と全否定する。幸せな人が甘いものを食べると幸せになるだけで、一人ぼっちの人には無意味だと語る。すかさず、樹木は「社長は一人ぼっちじゃない、だよね?」と返答。すると浅羽は、幼少期に家族団らんがなく、両親が不仲なことにより、幸せなクリスマスを過ごせなかったことを明かす。一生懸命作った手作りケーキも床にぶちまけられ、届かなかったそうだ。
樹木が浅羽の心を開く (C)TBS
 そこで樹木が言い放ったのが「できることなら、そのケーキ、わたしが食べる!」という言葉。樹木の無邪気な質問攻めは、浅羽にとって、初めこそ、人の心に土足で踏み込んできたような感覚だったろうが、樹木はその心を荒らすことなく、嘘偽りのない温かい光を灯した。

 どんなに富と名誉を手に入れても、心の隙間は埋まらなかった浅羽。きっと彼が欲していたのは、愛を与えてくれる人というよりは、自分の愛情を受け取りに来てくれる人ではないのだろうかと思う。優しいゆえに遠慮がちな里保では、そこが足りず、無理矢理にでも心の鍵をこじ開け、トラウマを解放させる、樹木の計算のない想いが、結果的に、埋まらぬ寂しさに苛まれた浅羽の心をほぐしていく。

■浅羽社長、コンビニ店員に!?
神子亮(山本耕史)が動き出す (C)TBS
 四角関係の“もつれ”から、すれ違っていた樹木と浅羽。ようやくこれからというときに、浅羽の社長就任に反対してきた神子亮(山本耕史)が動き出し、浅羽は代表取締役を解任させられる。
代表取締役を解任させられた浅羽 (C)TBS
 驚いた樹木は、会社を去ろうとする浅羽を追いかけ駐車場へ。そこで勢い余って「好きなの!」と叫ぶ。その声は車のエンジン音と重なってしまうが、浅羽は、聞こえていないふりをするかのごとく、車を止めず、アクセルをグッと踏み込んだ。樹木は追いかけたものの、その拍子に「食べてね」と約束したプリンは落下して崩れる。怒りと悔しさが混ざり、「バカ社長!」と樹木が声を荒らげ、第5話は幕を閉じた。

 公式サイトのあらすじによると第6話は、浅羽の退任後、「ココエブリィ」は徐々に旧体制に戻るそう。りんごのプリンも開発中止になるという。上層部の争いで重苦しい雰囲気が流れそうだが、放送時には流れないYouTubeにアップされた予告編では、「お弁当あたためますか?」と聞く、可愛らしいコンビニ店員姿の浅羽が映っている。私服姿の次はコンビニ店員姿と、ころころ変わる浅羽のファッションは、本作の意外な注目ポイントなのかもしれない。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介