宝塚ホテル、新ロゴ&コンセプト発表! 鉄板焼などレストラン概要も明らかに

おでかけ
宝塚ホテル概要
新ホテル外観イメージ 花のみち側(北側)より

 5月14日(木)に宝塚大劇場の西隣に移転開業する宝塚ホテルの、ロゴマーク、コンセプト、およびレストラン・宴会場の営業概要が明らかになった。

■きらびやかな夢の時間のつづきが見られるように

 宝塚大劇場唯一のオフィシャルホテルである本ホテルのコンセプトは、宝塚歌劇のきらびやかな夢の時間のつづきが見られるようにと「夢のつづき」に決定。
ロゴマーク
 また、ロゴマークは、本ホテルの象徴でもある切妻屋根に施されている植物モチーフのレリーフを、優美な曲線で描いたものに生まれ変わった。
ホテルメインロビー、フロントカウンター
 ホテル全体は、宝塚の街の雰囲気でもある“静けさ”と、宝塚歌劇の“華やかさ”が息づくようにデザイン。宝塚の市花であるすみれや、薔薇、椿など様々な花が、ロビーや宴会場、レストランのカーペットやフロアの大理石の模様で表現されているそうだ。

■多彩なシーンに対応するレストランも

  • ビュッフェ&カフェレストラン「アンサンブル」
  • 鉄板焼「風雅(ふうが)」


 さらに、3つのレストランとラウンジの計4店舗の営業概要も発表。豊富な料理と可愛いデザートが楽しめるビュッフェ&カフェレストラン「アンサンブル」や、五感で愉しむ鉄板焼「風雅(ふうが)」など、家族やグループの集まりなど多彩なシーンに対応する店が揃う。レストラン予約は、3月1日(日)からスタート。

【「宝塚ホテル移転計画 計画」概要】
開業日:5月14日(木)

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介