台湾発タピオカ「黒糖彪」吉祥寺に日本1号店! ただし飲めるのは“勇気がある者”のみ

スイーツ
台湾発のタピオカドリンク専門店「黒糖彪」が日本初上陸
代名詞ともいえる「<クラッシュタピオカ入り>黒糖彪ミルクフラッペ」

 台湾発タピオカドリンク専門店「黒糖彪」の日本第1号店が、12月20日(金)、東京・吉祥寺駅前にオープンする。

■勇気がないとドリンクを手にできない
「黒糖彪」吉祥寺店 イメージ
 タピオカドリンクブランド「黒糖彪」は、昨今のタピオカドリンクブームの最中、“唯一無二”をコンセプトに「女性だけでなく、男性やお父さん、お母さんなど広い世代に愛されるブランドでありたい」という思いを込めた台湾発のタピオカドリンク店。インパクトのある“彪(ヒョウ)”をモチーフに、海外で約80店舗を展開する。

 「黒糖彪」の代名詞ともいえるメニューは「<クラッシュタピオカ入り>黒糖彪ミルクフラッペ」。黒糖で煮込んだタピオカと氷に、黒糖シロップ、ミルクパウダー、紅茶を加えブレンダーにかけ、最後に“波覇(ボバ)”という大粒のタピオカをトッピングした「黒糖彪」オリジナルのタピオカドリンクだ。人工甘味料を使用せず、黒糖を使用しているため濃厚ながらもくどくない甘みで、シャリシャリ&もちもちの2つの食感が楽しめる、“唯一無二”の味わいに仕上がっている。
商品の受け渡し口
 「黒糖彪」の“唯一無二”ポイントのもう1つは、店頭に鎮座する黄金の「彪」。この彪の頭は商品の受け渡し口となっており、勇気を持って彪の口に手を差し入れなければ、注文したドリンクを手にすることはできない。

 日本での展開は、丼チェーン「伝説のすた丼屋」などを運営する株式会社アントワークスと台湾の運営会社との合弁企業を通じて行う。

「黒糖彪 吉祥寺店」概要
オープン日:12月20日(金)

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介