スターバックス初の“バリアフリー店舗”が登場! 来年1月からは座席予約サービスも

スイーツ
スタバ初のバリアフリー店舗
客席もバックヤードもバリアフリーな店舗がオープン

 コーヒーチェーンの「スターバックス」は、11月13日(水)から、店内・バックヤードともにバリアフリーな店舗を、 南町田グランベリーパークにオープンする。

■デザインに一工夫

 「スターバックス コーヒー 南町田グランベリーパーク店」は、100坪を超える広いフロアスペースを活用した店舗。世代やライフスタイルの違いを超えた全てのゲストを歓迎し、年齢や障がいの有無に関わらず従業員(以下パートナー)が活躍できる場を目指す。

 その店内は、客席もバックヤードもバリアフリーなデザインに。子供連れのファミリーも自由に過ごせるオケージョナルスペースや、車いすやベビーカーでの移動もしやすいレイアウトが施された。

 また、バックヤードも日本の「スターバックス」で初めてバリアフリー化。車いすなどハンディキャップのあるパートナーでも勤務しやすいデザインとなっている。

■客と地域をつなげるコミュニティハブ

 さらに、客と地域を繋げるコミュニティハブとなる店舗をとなるべく、さまざまな取り組みも実施予定。11月からは毎月、認知症の人やその家族が集う「Dカフェ(認知症カフェ)」を開催するほか、2020年1月からは、コミュニティスペースとしても活用できるように、座席予約サービスを開始する。

【「スターバックス コーヒー 南町田グランベリーパーク店」概要】
開店日: 11月13日(水)
営業時間:7時00分~22時00分(開店日の11月13日のみ10時00分~22時00)/不定休

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介