木村拓哉主演『グランメゾン東京』は“床”にもこだわり! エレガントさを演出

ライフ
グランメゾン東京床
『グランメゾン東京』のドラマセット

 俳優の木村拓哉が主演を務める日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系/毎週日曜21時)は、舞台となるレストランのセットの床材に、高機能複合フローリングを使っているという。

■エレガントで心地いい雰囲気を

 『グランメゾン東京』は、主人公の尾花夏樹(木村)が、も世界最高の三ツ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描くストーリー。

 そんな本作に登場する「グランメゾン東京」の店舗内には、「朝日ウッドテック」の高機能複合フローリング「LiveNaturalプレミアムMOMENT ブラン」が使用されているそうだ。
使用された「LiveNaturalプレミアム MOMENT」ブラン
 本フローリングは、少しずつ色味を重ねてゆく独自の技法によって奥行きのある色味を実現したシリーズ。エレガントであり、ほっとくつろげる心地よさも感じられるようになっている。

 ドラマのストーリーや料理シーンと合わせて、レストランのインテリアを楽しむのも新たな視点かもしれない。

【「LiveNaturalプレミアムMOMENT ブラン」概要】
価格:1平方メートルあたり2万6670円

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介