赤楚衛二&坂口健太郎主演『ヒル』、吉川愛、飯豊まりえら追加キャスト発表

エンタメ
ドラマ『ヒル』
『WOWOWオリジナルドラマ ヒル』追加キャスト陣 (C)WOWOW

 赤楚衛二がSeason1、坂口健太郎がSeason2でそれぞれ主演を務める『WOWOWオリジナルドラマ ヒル』より、追加キャストとして、吉川愛、飯豊まりえ、柳俊太郎、板垣瑞生、佐久間由衣らが出演することが発表された。併せて、豪華俳優陣が顔をそろえる本編予告映像も初解禁された。

 今井大輔の漫画『ヒル』『ヒル・ツー』を実写化する本作は、他人になりすましをされた青年が、他人に寄生する不法滞在者“ヒル”に果敢に立ち向かっていく姿と共に、他人に寄生して生きる者たちの運命と格差社会の闇を描く新時代の社会派復讐(ふくしゅう)サスペンス。各6話ずつ2シーズン構成で、Seazon1の主人公・四宮勇気を赤楚衛二、Season2の主人公・カラを坂口健太郎が演じる。

 21歳の勇気は友人もおらず、バイト漬けの孤独な日々を過ごしていた。ある日、いつものように夜勤バイトから帰ると、部屋には腹部をナイフで刺された見知らぬ男が座り込んでいた。男は搬送先で目を覚ますと、刑事にむかって自分は“四宮勇気”だと名乗り、勇気を指さしながら「この人が自分を刺した」と語る。

 咄嗟にその場を逃げ出し、一瞬にして逃亡犯となってしまう勇気。そんなとき、目の前にゾーカという謎の女が現れ、父親を殺したある人物の復讐を手伝って欲しいと頼まれ行動を共にすることに。ゾーカは住人が不在の家を渡り歩いて生活する、通称“ヒル”だった。2人はやがて“ヒル狩りのカラ”の異名を持つ伝説のヒル、カラと出会う。カラもまた、復讐のためだけに日々を抜け殻のように生きていた——。

 今回発表されたのは、主人公2人の脇を固める豪華キャスト陣。自分を育ててくれたホームレスを殺され復讐を誓う無戸籍者のゾーカ役を吉川愛。カラの過去を知る同級生の新米ヒル・ハコ役に飯豊まりえ。勇気に成りすますヒル・ヨビ役を務めるのは柳俊太郎。かつて両親を殺し世間を騒がせた少年Aだったヨビは、自分をヒルの道へと導いたカラと再会を果たす。

 カラに助けられヒルになったロボ役に佐久間由衣。ヒルの実態を探りながらも、連続殺人事件の犯人である“仮面の男”を追う杉並北警察署刑事課強行犯捜査係所属の巡査部長・鈴木刑事役を小西真奈美。鈴木刑事と共にヒルの事件を追う佐藤刑事役を田中幸太朗。

 さらに、ドラマオリジナルキャラクターのヤシマ役を板尾創路が演じる。ヤシマはヒルに偽装身分証を与える代わりに、集めさせた盗品を高値で売る闇組織のボス。ヤシマの部下・テトリス役に板垣瑞生。そのほか、ヨビを崇拝する手下のミロ役を松澤匠、カラが兄のように慕うヒルのナナシ役を三浦誠己、鈴木刑事や佐藤刑事と共に勇気やヨビの行方を追う先輩刑事役を利重剛がそれぞれ演じることも決定した。

 『WOWOWオリジナルドラマ ヒル』は、WOWOWにて2022年3月より放送・配信。

エンタメ最新記事一覧