『ホーム・アローン』日本公開30周年 金ローでクリスマスイブに放送

映画
映画『ホーム・アローン』
映画『ホーム・アローン』主演のマコーレー・カルキン (C)1990 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

 マコーレー・カルキン主演の映画『ホーム・アローン』(1990)の日本公開30周年を祝し、本作が『金曜ロードショー』(日本テレビ系/毎週金曜21時)にて12月24日放送されることが決まった。

 本作は、慌て者の家族に置き去りにされ、クリスマス休暇にひとり家に取り残されてしまったケビン少年(マコーレー・カルキン)が、身近な家庭用品を武器にまぬけな泥棒を相手に奮闘するファミリー・アドベンチャー・コメディー。監督は『ハリー・ポッター』シリーズ、『グーニーズ』『グレムリン』『ナイト・ミュージアム』シリーズでおなじみのクリス・コロンバス。

 この秋、シリーズ完全新作『ホーム・スイート・ホーム・アローン』(ディズニープラスオリジナル)が制作されたことでも話題になった。『金曜ロードショー』では、その原点であるシリーズ第1作をクリスマスイブに放送。ケビンの日本語吹き替えは矢島晶子バージョンで届ける。

 伯父さんの転勤に伴い、パパにママ、姉2人兄2人と一緒にパリへ家族旅行をすることになったケビン家は大忙し。おまけに、いとこたちも含めて総勢15人の大移動に。出発の日の朝、慌てて家を出たママは飛行機の中で何かを忘れたことに気付く。それは8歳の息子ケビンだった。

 両親は慌てて家に引き返そうとしたが、あいにくクリスマス休暇で飛行機はどこも満席。一方、残されたケビンは誰もいない家で思いっきり自由を満喫していたのだった。そして、ひとりで買い物に出掛けた時、前科のある殺人鬼だといううわさの、隣に住むマーリー老人に会う。びっくりして逃げ出すケビンの前に、ハリーとマーブという怪しい男の影が。彼らは留守中のケビンの家をねらう強盗だったのだ。

 映画『ホーム・アローン』は、『金曜ロードショー』(日本テレビ系)にて12月24日21時放送。

エンタメ最新記事一覧