史上初のチャンピオン大会!『ドキュメンタル』S10、激闘必至の予告編解禁

エンタメ
『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン10
『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン10キービジュアル (C)2021 YD Creation

 松本人志企画・プロデュースのAmazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン10(Amazon Prime Video/12月3日配信開始)より、6人の歴代王者が本気の実力勝負に挑む、激闘必至の予告編と新ビジュアルが解禁された。

 2016年から配信開始となった『ドキュメンタル』シリーズは、松本によって選ばれたお笑い芸人たちによる、妥協なしの、究極に自由な“笑わせ合いバラエティー”番組。「最後まで笑わなかった者、他者を笑わせてポイントを多く獲得したものが優勝」というルールのもと、参加者は優勝賞金1000万円を懸けた笑わせ合いバトルに挑む。

 節目となる10シーズン目では、シリーズ史上初となる歴代王者たちによる“チャンピオン大会”を開催。小峠英二(バイきんぐ/Season2優勝)、山本圭壱(極楽とんぼ/Season3優勝)、くっきー!(野性爆弾/Season4・8優勝)、ハリウッドザコシショウ(Season5・7優勝)、ゆりやんレトリィバァ(Season6優勝)、久保田かずのぶ(とろサーモン/Season9優勝)の6名が集結し、いまだかつてない熱き死闘を繰り広げる。

 予告編では、歴代王者たちの雄姿が映し出されている。ペットボトルでたたき合う山本VSハリウッドザコシショウ、生卵を駆使(?)するくっきー!&久保田、頭皮に昆虫を乗せられ絶叫する小峠や紅一点のゆりやんレトリィバァも大暴れしており、まさに“全員優勝候補”の予測不能な展開。

 さらに、今回は新システムが導入され、見届け人となる「オブザーバー芸人」として、千原ジュニア(千原兄弟)、藤本敏史(FUJIWARA)、後藤輝基(フットボールアワー)も参加する。『ドキュメンタル』シリーズの“無冠の帝王”である彼らが今回は「見届け人」となり、松本と共に激闘の行方を見守る。

 新キービジュアルには、トロフィーを掲げ、豪華絢爛(けんらん)な王冠姿のチャンピオンたちが一挙集結。併せて公開された参加芸人ごとのビジュアルには、フォーマルできらびやかな姿と共に、それぞれのキャッチコピーも紹介されている。

 Amazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン10は、Amazon Prime Videoにて12月3日より配信。

エンタメ最新記事一覧