嵐を見守り続け20年、堤幸彦が語った5人が“国民的スター”であり続ける理由

映画
『ARASHI Anniversary Tour 5×20』堤幸彦監督インタビュー
堤幸彦監督  クランクイン! 写真:高野広美

 嵐の20周年ツアー『ARASHI Anniversary Tour 5×20』を2019年12月23日に“シューティング・ライブ”として東京ドームで撮影した嵐初のライブ映画『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』。本作を手掛けた堤幸彦監督は、嵐と約20年前の初主演映画『ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけどHAPPY』(2002)をはじめ、長年にわたって共にしてきた。そんな堤監督に「20年前から変わらない人間味がある」という嵐が国民的スターである理由や、「積年の思いの丈を遂げた」と語る本作の魅力について聞いた。

■ 通常のライブ撮影の倍以上 嵐をカメラ125台でとらえて追求した“究極にかっこいい作品”

 ジャニーズタレントをはじめ、さまざまなライブ作品の演出を担当してきた堤監督だが、「これまでカメラをステージ上や演者と観客の間に入れないなど、ライブの演出を妨げないようさまざまなルールやアングルの制約があったことで、究極にかっこいい作品を撮るのは難しかった」という。それに対して今回の撮影については「2018年の冬頃にお話をいただいた時に『今までのルールはなしで』と提案したんです。その結果、ライブ撮影ではほとんど使わないドローンを縦横無尽に飛ばすなど、撮影するためのライブをしてもらえることになりました。撮影の前にはライブの演出を務めた松本(潤)くんに各曲の意図を聞いたり、図面を見ながら撮影の手法も話し合いました」と振り返る。

 撮影日には、これまで嵐に関わり、彼らを知り尽くした映画とライブのスタッフが集結し、5万2000人の観客が嵐の5人と一緒に見た景色を計125台のカメラで記録した。通常のライブ撮影だとカメラは多くても50台。この日は日本中の映画やドラマの撮影が止まってしまったのではというほどで、「カメラマンがこんなに大勢いて、皆がギラギラとカメラを構えている状態は初めて見ましたし、多分一生に一度のことだと思いますね」としみじみ回顧する。

■ 「地獄のような大変さ」だった編集作業 ライブ中の“化学反応”を余すことなく取り入れた自信作

 堤監督が「あらゆる情報を全部見せたかった」と語るように、125台のカメラを嵐やファンの表情、ステージ、演出、会場の状態などを押さえるために配分していった。「嵐は演出の都合上、常に動き回るので、最低でも10~15台のカメラがそれぞれのメンバーを必ず撮るシフトにしていました。すごくぜい沢な撮影で、僕のライブ収録の理想形ですね」と笑顔を見せる。

 大量の素材を1つにまとめ上げる編集作業は「地獄のような大変さ」だったと振り返るが、コロナのステイホームと重なったこともあり足繁く編集室に通えたという。「3人のディレクターで曲を割り振り、カットをつないでいく作業を何度もやり、作ったものを元の映像と見比べながら、また作り直す。そんなパズルを完成させていくような作業を延々と繰り返した末にできたのが今回の作品。今できる最高の編集状態です」と胸を張り、「ライブ中はスペシャルな化学反応がその都度起きて。メンバーの手が触れて重なりあうなど、グループとして本当に仲がいい状態が20年続いてきた結果のような行動や表情がそこかしこに現れる。それを余すことなく使いたかったし、考えうる限り徹底的に表現したかったので、作品はすごいカットが多く、言いたいことを全部入れています。音の臨場感にもこだわり、映画館では没入感をたっぷり味わえるはず。自信作ですし、積年の思いの丈を遂げられ本当に楽しかったです」と笑みをこぼす。

■ 堤幸彦が語る5人それぞれの魅力 エンドロールの“directed by 松本潤”に込めた思い

 それだけのぼう大な映像を見て気づいた嵐の一面を聞くと、「5人は舞台上でイタズラっぽいことをちょこまかしますね(笑)。ジュニアの紹介コーナーで休んでいるシーンや、5人が腕を組んだり手と手で労り合っている様子だったり、2人と3人に別れた時の独特のコミュニケーションだったり。そういう『本当に仲いいんだな。こいつら、うらやましいな』って思わせるほほ笑ましい瞬間がいっぱいあって。そういうシーンは網羅できていると思います」と語る。

 また、メンバーそれぞれについても「大野(智)くんのキレの良さは半端ないですね。東京ドームの広大な空間で見せたレーザーに合わせた動きなどすごくかっこよくて。相葉(雅紀)くんは本当に人柄が出ますよね。作品ではイケてない役が得意だからそういう目で見てしまいがちだけど、ステージに立つと全然違って、身長も高くてパフォーマンスが映えて本当にかっこいいんです。二宮(和也)くんの歌のシャウトは心に迫るものがあって。表現力が半端ない。(櫻井)翔くんはピアノをはじめ本当に器用。ステージに上がると、ニュースキャスターのイメージは吹き飛びますよね」と目を細めて明かす。

 そして、嵐のコンサート演出を担う松本に関しては「演出力も光りますが、表現者としても閾(しきい)値を超えています。14歳の頃に知り合った少年がここまで立派に育ったのかと思うと、ほれぼれしますね」と絶賛。エンドロールで「directed by 松本潤」とクレジットしたのは堤監督の提案だが、「あの舞台を作り上げたことに対する最大の敬意です。僕も演出をする端くれとして、見どころをあんなにスピーディーに次々と見せていくショーを作り上げた演出家には、本当に尊敬の気持ちしかない。ジャニー(喜多川)さん以来の伝統でいろんな方々がいろんな舞台を作り上げてきましたが、『5×20』はデジタルの使い方も含めて現代の究極のショー。松本くんが勉強して寝泊りしながら作り上げたもので、僕はただ撮らせてもらっただけ。僕の名前なんていいし、『松本潤』の字はもっと大きくしても良かったとも思っています。恐るべし、松本潤ですね」と笑顔で語る。

■ 嵐を見守り続けて20年 国民的スターであり続ける理由は「変わらないこと」

 嵐の5人を約20年間、見守り続けてきた堤監督が気づいたのは、彼らが「変わらないこと」だという。「仕事的にはみんな立派になって、司会やキャスター、映画やドラマの主役など、いろいろなことをこなしていますが、僕からすると彼らはすでに選ばれた人間だから何をやり遂げても当然。でもその中で変わらない少年っぽさ、人間味があるからこそ嵐で、それが伝わるから国民的スターなんです。鼻高々にならないところも本当にいい。125台のカメラ、最高の音響設備、日本の最高峰のステージセッティングの中、 彼らが“少年嵐”としてパフォーマンスを行っているからこそ、日本のエンターテイメントはまだまだいける気がしてきました。映画をとおしてそういうものが伝わればありがたいし、ファンの方もそういうところを望んでいると思います。すごく高みにいるけど、隣にいる人という温度感が伝わってほしいですね」と感慨深い様子で明かした。

 「嵐は親戚のおいっ子が国民的スターになった感覚で、昔から知ってるけど、えらくなっちゃったなと(笑)。立派になったおいっ子たちに恥をかかせられないし、彼らのひのき舞台はきちんとやってあげたいという、本当に親戚のおっちゃんです」と笑う堤監督。堤監督の“嵐への愛”が詰まった本作は、嵐の人間味が凝縮した究極のショーを体感させてくれるはずだ。(取材・文:高山美穂 写真:高野広美)

 映画『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』は11月26日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧