『キングオブコント』王者・空気階段、人生もパチンコも「一瞬で全てが狂う」

映画
映画『たまの映像詩集 渚のバイセコー』空気階段(鈴木もぐら、水川かたまり)インタビュー
空気階段(左から鈴木もぐら、水川かたまり)  クランクイン! 写真:ヨシダヤスシ

 歴代最高得点を記録し、『キングオブコント2021』で優勝を果たしたお笑いコンビ・空気階段の鈴木もぐらと水川かたまり。コントにはかねてより定評があった2人が、映画に挑戦した。吉本興業の地域発信型映画で「競輪」と「自転車」が紡ぎ出す3つの不思議なオムニバス映画『たまの映像詩集 渚のバイセコー』(蔦哲一朗監督)だ。作品には空気階段のコントの世界観を彷彿(ほうふつ)とさせる強烈なキャラや場所が登場するうえ、舞台となったのはかたまりの出身地・岡山だ。そこでこの作品を機に、今年結成10年目を迎えた彼らのコントや彼ら自身の“原点”、さらに今後について聞いた。

■ ホラー漫画、CM、映画、実体験…コント誕生のきっかけはさまざま

――映画『たまの映像詩集 渚のバイセコー』のご出演は、いかがでしたか。

鈴木もぐら(以下もぐら):こんなにガッツリ映画に出させてもらうのは初めての経験だったので、右も左も前も後ろも、上も下も分かんない状態でしたね。

水川かたまり(以下かたまり):僕は岡山出身なので、舞台となった玉野にはなじみがあって。小学生の頃に宇野港からフェリーに乗ってサッカーの遠征に行ったり、水族館に行ったりしていますし、海辺のシーンを撮影したのも、小学5年生の頃の「海の学校」という海事研修で行ってカッターボートを漕いだ場所なんですよ。岡山県民はみんな小学生のときに行っているんじゃないですかね。住んでいた時は何も感じなかったですが、改めて大人になって行ってみると、すごくきれいな場所だと思いました。

――本作はヤギを連れた変なおじさんが登場したり、公営ギャンブル場が舞台になっていたりと、お2人のコントの世界観に通じるものも感じました。ところで、お2人のコント作りは、実体験がベースになることも多いのでしょうか。

もぐら:作り方はバラバラですね。「このシーンやりたいな」だけで思いつくこともありますし、「この役やりたい」という気持ちが先行する時もありますし、ホラー漫画やCMからひらめくことも、実際に見た人、リアルにあったやり取りから生まれることもあります。ただ、一番インスピレーションみたいなものをもらいやすいのは、映画ですね。カッコいいシーンや印象に残るシーンが、映画には多いので。2時間1本の映画を観れば1個くらいは「これ良いな」と思うし、そこから別のネタが思い浮かぶこともあります。

かたまり:僕も日常で起きたことや、人との会話から思いついたこと、映画やドラマを観ながら「このシチュエーションで何かできないかな」とか、いろいろです。ただ、ひらめくときもあるけど、基本的に日頃から映画を観たり漫画を読んだりして感じたこと、日常生活の中で気になったことなど、スマホにメモを取っているんです。キーワードのような単語や箇条書きにしておいて、ネタを作らなきゃいけないときには喫茶店に行って、そこから設定などを考える感じですね。

■ ネタは日中に作るのがルール かたまり「夜中にやると何もかも嫌になる」

――ネタは基本的に日中に作ることをルールとされているそうですね。

かたまり:そうですね。夜中にやっていると何もかも嫌になるので、ネタも暗くなってしまう。夜は何もしたくないんです。

――設定を2人で出し合い、かたまりさんがまとめるのが現在のスタイルだそうですが、どうやってすり合わせていくのですか。

かたまり:2人が納得したらやるという感じですね。

もぐら:10本くらいネタが出たとして、そのうち1本2本は2人とも納得できるもの、被るものがあるので、それをやるという具合です。

――過去のインタビューで毎日10本くらいネタを書いていると読んだことがあります。

もぐら:そんなこと、言ってました(笑)? それはたぶん水川が言ったやつですね。

かたまり:たぶんそれは僕がついたうそだと思います(笑)。

もぐら:ゾフィーの上田(航平)さんが年に3万本ネタを作るみたいなことを言い始めてそこから1日何本作ってますみたいなことを言う流行りが一時あったんですよ。

かたまり:そうそう。その流行りの延長線上ですね。

もぐら:でも、そんな中、かが屋の加賀(翔)だけはリアルに月100本くらい作っていたんですよ。だから、あの時期のインタビューは、加賀以外の芸人のほとんどがうそついていますね(笑)。

■ 人生とパチンコの共通点 もぐら「一瞬で全てが狂うんです」

――ところで2012年の結成から約10年の付き合いになりますが、芸人としてあるいは人間として、お互い尊敬している点やうらやましい点はありますか。

もぐら:僕が水川に対して思うのは、家がお金持ちなところですね。

かたまり:僕は、奥さんがいて息子が2人いて幸せそうな家庭があるところですかね。

――(笑)。結成のきっかけは、もぐらさんがかたまりさんに「俺とお前が組んだら絶対に化学反応が起きるから」と誘ったことだそうですが、実際にどんな化学変化が起こったと感じますか。

もぐら:僕は自分が結婚できたことが一番大きな化学反応だと思いますね。いまだによく結婚できたな、人生って分かんないなと思いますから。それは相方も含め、全てが絡まり合ってたどり着いた現在じゃないですか。

僕はパチンコをやるんですけど、一瞬でも玉を打ち出すタイミングがずれたり、一発でも釘に当たっているかいないかだったり、本当に一瞬で全てが狂うんですよ。人生も同じで、ちょっとでも何か違ったら現在はなかったんじゃないかと思います。

かたまり:僕がもしあのときにコンビを組んでいなかったら、今はピン芸人だったかもしれないですし、別のコンビを組んでいた可能性も、芸人を辞めていた可能性もありますし、めちゃめちゃ成功している可能性もありますし、分からないですね。

でも、組んだからこそ起きた化学反応は、離婚したことですかね。コンビの活動をしていなかったら、そもそも奥さんと出会っていないですから。

もぐら:まあ、戸籍にバツがついちゃっていますからね。

■ 「KOC」優勝で“クズ芸人”は卒業? もぐら「クズかクズじゃないかは皆さんに判断していただく」

――お二人の生み出すコントに定評がある一方で、バラエティ番組ではもぐらさんの“借金”が度々話題になってきました。同じく“クズ芸人”を名乗る岡野陽一さんがラジオ番組『空気階段の踊り場』(TBSラジオ/毎週日曜24時)で、KOC優勝について「クズ芸人の生態系を破壊した」とおっしゃっていましたが。

かたまり:それは大変なことをしたね(笑)。

もぐら:そういう風にすぐ人のせいにするのが、まさに“クズ芸人”なんですよ(笑)。俺がどうした、どうなったかは、関係ないじゃないですか(笑)。それをあたかも俺のせいで自分が売れなくなってしまったみたいに言うのがこの人の手口なので、皆さんだまされないでください。皆さんはすぐにだまされるから、こういう質問をしてしまうわけで、それはもうすでに彼の手口なんです。

――ハマっちゃっているわけですね(笑)。生態系はともかくとして、KOC優勝を機に今後ますますバラエティやトーク番組などへの露出が増えると思います。そうした中で今後、ご自身の立ち位置をどう築いていかれますか。

もぐら:これまでの借金話もそうですが、ヘタに考えたりうそ言ったりしても何にもならないので、僕はそのまんまでいる、ありのままを言うしかないと思っています。それがクズかクズじゃないかは皆さんに判断していただく、ということで。

かたまり:僕は『アメトーーク!』(テレビ朝日系/毎週木曜23時15分)の「ビビリ‐1グランプリ」に呼んでもらいましたが、ああいった露出の仕方は今後極力控えたい。もっとカリスマ感を出していきたいですね(笑)。(取材・文:田幸和歌子 写真:ヨシダヤスシ)

 空気階段が出演する映画『たまの映像詩集 渚のバイセコー』は11月12日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧