『最愛』津田健次郎、たたき上げ刑事役の細かな設定に感心 監督から意外な提案も

エンタメ
【TBS】『最愛』津田健次郎インタビュー用場面写真
金曜ドラマ『最愛』に出演する津田健次郎 (C)TBS

 数多くのアニメや洋画の吹き替え、ナレーションといった声優業、舞台や映像の俳優業を中心に、映像監督や作品プロデュースなど多方面で活躍する津田健次郎。そんな彼が吉高由里子主演で、『アンナチュラル』『MIU404』(共にTBS系)の新井順子プロデューサーと塚原あゆ子監督が再タッグを組むドラマ『最愛』(TBS系/毎週金曜22時)で、警視庁捜査第一係長の山尾敦を演じている。津田に話を聞くと、濃密なサスペンスラブストーリーが繰り広げられる中、「ゆるパートを担っている」という山尾の役作りや、共演の松下洸平、佐久間由衣との現場でのやりとりなどを語ってくれた。

◆監督&プロデューサーから“山尾”への提案に「意外でテンション上がった」

 完全オリジナルとなる本作は、殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手で事件の真相を追う刑事・宮崎大輝(松下)、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬賢一郎(井浦新)の3人を中心に描くラブサスペンス。津田が演じる山尾は、交番勤務時代からの地道な捜査活動と成果が評価されて警視庁捜査一課に配属。観察眼が鋭く部下からの信頼も厚い、大輝の上司という役どころだ。

 津田はオファーを受けた際の心境を、「光栄ですごくうれしくて、『ぜひやらせてください』とお返事しました。俳優としてのレギュラーは久しぶりだったので、多少の緊張と大きなワクワクがありました」と回顧。第1話放送時は出演シーンがSNSで反響を集めていたが、「実は1話の放送前にドキドキ、ソワソワしていたので、好評な感想をいただいてめちゃめちゃホッとしました」と照れ笑いを浮かべつつも、「これからも気が緩まないように緊張感を持っていこうと思います」と爽やかな笑みを見せる。

 殺人事件が軸になり、シリアスな物語が繰り広げられていく本作。衣装合わせの際、塚原監督と新井プロデューサーから「山尾と部下の桑田(佐久間由衣)しか、緩めるところがないんです。なので、多少ほんわかしたところを担っていただけたら」と提案されたそうで、「すごく意外で、テンションが上がりましたね。めちゃめちゃ面白いなと感じて。緩いところも大事に作られるところが、新井プロデューサーと塚原監督のヒットメーカーのゆえんなんだと思いました」と打ち明ける。

 「本当に丁寧に作られているドラマ」と津田が明かすよう、山尾に関しても台本には出てこない細かい設定がたくさんあるそうで、「山尾には子供がいて、どこの大学を出ているのか、学生時代はどんな感じだったのか書いてあって。その中には、刑事の中でもノンキャリアだけど出世の頂点に来ているという設定も。なので、たたき上げの刑事で仕事ができるのは間違いないんです。ノンキャリアのエリートをさまざまな場面や人との関係性の中で多層的に見せられたらいいなと思います」と役作りについて明かす。

◆“ゆるパート仲間”佐久間由衣とのアドリブに醍醐味

 部下役を演じる松下と佐久間とは今作が初対面になるが、「大部屋の楽屋で初めてごあいさつさせていただいたら、2人ともフレンドリーで柔らかくて、ありがたいなと思いました」と当時の気持ちを口にし、「お2人ともマイペースに穏やかに楽屋で過ごされますが、撮影の時は緊張感をちゃんと持たれていて。一緒の時間はすごく楽しく、たまにくだらない話をして過ごしています」とニッコリ。主人公の相手役を演じる松下については「重いドラマを背負っていくポジションなので、どうしてもシリアスなパートが多い。今後、(大輝と山尾の)立場の違いが出てくると思うし、そこをどう作っていくのか、楽しみにしています」と期待を寄せる。

 共に、ゆるパートを担う桑田を演じる佐久間に関しては、「一緒にゆるい部分を作っていけたら、ドラマがシリアスだけじゃない、ある種、豊かなものになるのかなと思っています。佐久間さんがちょっとすっとぼけた部分を作ってくれていて。2人でほほえましいものを作れれば」と気合十分。ちなみに、1話の山尾が桑田の名前を呼べなかったのは津田のアドリブだったそう。「テストの時、事前打ち合わせなしで『宮崎と桑…』って言って止めたら、佐久間さんが『田です!』って言ってくれて。その辺のやり取りが『ん~ありがたい!』とめっちゃくちゃ楽しかったですね」と満面の笑み。また、「佐久間さんはすごくお芝居を受けてくれて、そういうのも芝居の醍醐味の1つだなと感じています。これからも遊びどころを含めて、いろいろできたらいいなと思います」と目を輝かせながらたくらんでいた。

 また、山尾が持っているサブバックについて、「サブバックがかわいいなと思って、それに合うかわいいペンを通販で3種類くらい買いました。監督に『持ち込んでいいですか?』って確認して。1話では映っていないし、今後も映らなくてもいいのですが、もし映った時に視聴者が『なんでこいつ、こんなにかわいいものを持ってるんだろう』と想像力が膨らめばいいなと」と期待を寄せる。

◆演じる時には声質は意識せず「自分の中でグルーブするものに任せて」

 山尾を演じる際、声で心掛けていることを聞かれると、「全く意識してないですね」との答えが。「感情や状況、関係性の中で、自分の中でグルーブするものに任せて声を出しています。声の仕事をするときも、あまり声質を意識するというよりは、肉体状態や心情、ある種のキャラクター性のやり取りの中で、こういう感じの声になっていって。声を決めて中身を埋めるということは、僕はどのジャンルでもやらない作業ですね。自然にそのモードになればいいなと思ってやっています」と、自身の役への向き合い方を告白。

 最後に、本作を実際に観た映像についての感想を聞かれると、「テンポの速さ、物語の緩急があって面白かったですね」と打ち明ける。「僕も結末を知らないので、どうなるんだろうと思いながら観ています。そういう意味では視聴者の皆さんと同じ感じで楽しめてますね」とニッコリ。10月29日に放送される第3話については「物語の展開やキャラクターについて驚くことがいっぱいあるので、そこは楽しみにしてほしい。1話逃すと分からなくなる可能性があるので、ぜひ見逃さないでほしいです。分からないところがあればTVerとParaviで復習してから3話に備えてもいいですね(笑)」と呼びかけていた。(取材・文:高山美穂)
 
 金曜ドラマ『最愛』は、TBS系にて毎週金曜22時放送。

エンタメ最新記事一覧