【世界のロイヤルウエディング】驚きのエピソード6選

セレブ&ゴシップ
【世界の王室】驚きの結婚エピソード6つ 
式直前に壊れてしまった英エリザベス女王のティアラ センター部分に修正跡 (C)Zeta Image

 洋の東西に関わらず、結婚には山あり谷あり。それは世界の王室メンバーと言えども例外ではないようだ。おとぎ話のようなロイヤルウエディングの裏に隠された、驚きのエピソードをご紹介しよう。

●英王室 エリザベス女王 ティアラが式直前に壊れる

 英王室のエリザベス女王は、今年4月に亡くなったフィリップ殿下と、まだ第二次大戦の爪痕が残る1947年に結婚した。当時はまだ物資が不足しており、王女だったエリザベスは、自分の配給券を貯めてシルクを手に入れ、ウエディングドレスを誂(あつら)えたという。

 しかしいかに入念に準備をしても、トラブルは起きるもの。この日、ヴィクトリア女王や祖母のメアリー王妃ゆかりの繊細なティアラが用意されていたものの、式の直前に破損してしまったそうだ。

 幸いティアラはすぐに修理され、まだ21歳だった王女エリザベスはこのアクシデントにも取り乱すことなく、式に臨んだ。このティアラは後に、娘のアン王女、そして孫のベアトリス王女の結婚式でも幸せのジンクスの役割を果たしている。

●英王室 ダイアナ妃 誓いで新郎の名前を間違える

 1981年、世紀のロイヤルウエディングと称されたダイアナ妃とチャールズ皇太子の結婚式では、うっかりミスが多発したよう。

 世界からの注目にナーバスになったダイアナ妃は、誓いの言葉で新郎の名前を間違え、「チャールズ・フィリップ・アーサー・ジョージ」と呼ぶべきところを「フィリップ・チャールズ・アーサー・ジョージ」と呼んでしまったそう。

 しかしチャールズ皇太子の方も、「わたしの所有するすべての財産」と言うべきところを「あなたの財産」と言ってしまったそうだから、お互いさま。

●モナコ公国 シャルレーヌ公妃 式直前に大公のスキャンダル浮上

 結婚式のトラブルと言っても、少し趣が違うのは、モナコ公国のシャルレーヌ公妃の場合。

 2011年、モナコ公国の大公アルベール2世と、3日間に渡る豪華な結婚式を挙げたシャルレーヌ公妃。プレイボーイとして名を馳せた大公には、すでに2人の婚外子がいることが知られていたが、なんと結婚式の数日前に3人目の隠し子の存在が浮上。これにショックを受けた公妃は出身の南アフリカに帰ろうとしたとの噂も。

 この時のスキャンダルは立ち消えたものの、今また大公は隠し子騒動の渦中に。モテモテの王子と結婚すると、気苦労が絶えないようだ。

●スウェーデン王室 ヴィクトリア皇太子 伝統を破って父とバージンロード

 2010年に行われた、仲むつまじいことで知られるスウェーデンのヴィクトリア皇太子とダニエル王子の結婚式は伝統を破るものだったよう。

 同国では伝統的に、男女平等の観念から新郎新婦が並んでバージンロードを歩いてきた。しかしヴィクトリアはこれに反し、父王のエスコートを希望。これは論争を呼び、当日は途中まで父にエスコートされ、その後、新郎と手を取り祭壇まで歩む形が取られた。また婚約指輪も、通常スウェーデン王室ではシンプルなゴールドリングが選ばれてきたが、ヴィクトリアにはダイヤモンドのあしらわれた指輪が贈られたそう。

●ドイツの王族ハノーファー家 エルンスト・アウグスト・ジュニア 父が結婚反対

 英王室ヴィクトリア女王の子孫で、エリザベス女王の遠縁にあたるドイツの王族、ハノーファー家のエルンスト・アウグスト・ジュニアの結婚式では、家族内の確執が露見する事態に。

 2017年、エルンスト・アウグスト・ジュニアは、ロシア人デザイナーのエカテリーナ・マリーシヴァと、8年の交際を経て、ドイツのハノーファーマーケット教会にて結婚した。

 しかし、これに文句を付けたのが、以前から一族の資産を巡って確執のあった父。式の数日前に結婚に反対する声明を発表し、注目を集める事態になった。父は欠席したものの、式にはモナコ公国のロイヤルメンバーはじめ600人ものゲストが参加し、華やかなものに。夜にはマリエンブルク城にて盛大なパーティが開催された。

●スペイン アルバ公爵夫人 晩年の年の差再婚に国王も反対

 家族から反対されたカップルがもう一組。2011年に85歳で25歳年下男性(結婚当時)と再婚したスペインのアルバ公爵夫人の結婚だ。

 アルバ公爵夫人マリア・デル・ロサリオ・カイエターナ・フィッツハメス・スチュアルトは、イングランド王兼スコットランド王ジェームズ2世/7世の子孫で、世界最多の称号を持つ貴族としてギネスにも認定されている。

 スペインで最も裕福な女性といわれたアルバ公爵夫人は、2度の結婚、死別を経て、はるかに若い公務員アルフォンソ・ディエスさんとのロマンスが浮上。この交際に、夫人の6人の子どもたちは大反対し、当時の国王フアン・カルロス1世からも、結婚を取りやめるよう電話があったとされる。

 ディエスさんは相続を放棄し、資産の一部を子どもたちに生前贈与したうえで、2人は結婚。式ではゲストの前でフラメンコを披露したという。

 紹介したどの結婚も、美しく華やかなものとして世に知られている。しかしフタを開けてみると、王族と言えども、いや王族だからこそのトラブルやアクシデントがいくつも。強い心で初志貫徹するのが幸せの秘訣なのかもしれない。(文・寺井多恵)

エンタメ最新記事一覧