松田聖子が初監督したホラー作品、予告公開 東京国際映画祭で初お披露目

映画
映画『フォークロア2:あの風が吹いた日』
映画『フォークロア2:あの風が吹いた日』場面写真 (C)2021 HBO Pacific Partners, v.o.f Folklore is a service mark of HBO Pacific Partners, v.o.f. All rights reserved.

 松田聖子の監督デビュー作で、10月30日からの第34回東京国際映画祭にて世界初披露となる映画『フォークロア2:あの風が吹いた日』より、予告編と場面写真が解禁された。

 『フォークロア』シリーズは、『ゲーム・オブ・スローンズ』などで知られるHBOが展開するHBOアジアのホラーアンソロジーシリーズ。斎藤工と松田聖子が共演した『家族のレシピ』(2018)などで知られるシンガポールの巨匠監督エリック・クーが製作総指揮を担当する。

 シーズン1では、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイの6ヵ国の気鋭監督が、古くから伝わる伝承を基に各国の文化や社会問題についてひもといた作品が上映され、日本からは主演として北村一輝、監督として齊藤工が参加した。

 シーズン2では監督が一新され、タイのシティシリ・モンコルシリ監督、台湾のシー・ハン・リャオ監督、フィリピンのエリック・マティ監督、インドネシアのビリー・クリスチャン監督、シンガポールのニコール・ミドリ・ウッドフォード監督、マレーシアのブラッドリー・リュー監督、そして日本からは松田聖子が監督を務める。今回、東京国際映画祭では、シーズン2の7本のうち、ニコール・ミドリ・ウッドフォード監督作『お出かけ』、松田聖子監督作『あの風が吹いた日』の2作品が上映される。

 『フォークロア2:あの風が吹いた日』は、「高校生のミカは、憧れの歌手KENのコンサートに行くためにアルバイトに励んでいる。ある日、ミカは公園でひとりの男がギターを弾きながら歌を作曲しているのに居合わせる。アドバイスを求められたミカは、その男がKENであることに気づく」という、一見ファンタジックなラブストーリー。森崎ウィンがKEN役、高橋春織がミカ役を務めるほか、モト冬樹、木村多江などが出演している。

 映画『フォークロア2:あの風が吹いた日』は、10月30日~11月8日開催の第34回東京国際映画祭にて上映。

エンタメ最新記事一覧