ウィル・スミス、テニス界の最強姉妹を育てた父親役を熱演 『ドリームプラン』公開決定

映画
映画『ドリームプラン』
ウィル・スミス主演最新作『ドリームプラン』公開決定 (C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

 ウィル・スミスの主演最新作で、女子プロテニス選手ビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹を育て上げた父親を描く映画『KING RICHARD(原題)』が、邦題を『ドリームプラン』として2022年2月23日より公開されることが決定。併せて特報映像が解禁された。

 本作は、女子プロテニス界のトップに10年以上にわたり君臨し、世界最強のテニスプレーヤーとも称されるビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹を、ゼロからテニスのワールドチャンピオンに育て上げた父リチャードにスポットを当てた感動作。テニス未経験の彼が、独学で作り上げた「計画書=ドリームプラン」にまつわる<驚きの実話>が描かれる。ウィルが主演とプロデューサーを務め、セリーナとビーナスは、ウィルと共に本作の製作に参加した。

 リチャードは姉妹が生まれる前、テレビで優勝したテニスプレーヤーが4万ドルの小切手を受け取る姿を見て「子どもを最高のテニスプレーヤーにしよう!」と決意。テニス未経験にも関わらず、独学でテニスの教育法を研究し、78ページにも及ぶ成功への計画書を作成。常識破りの“ドリームプラン”を実行する。

 ギャングが蔓延るロサンゼルス郡南部・コンプトン市の公営のテニスコートで、リチャードは途方もない苦難、周りからの批判など、数々の問題を乗り越え、娘たちを史上最強のプロテニスプレイヤーに育て上げていく。果たして父の指導のもと、ウィリアムズ姉妹はいかにしてその才能を開花させ、世界の頂点へと上りつめたのか。

 特報は、「独学で成功するなんて不可能だ」と言われたリチャードが、「独学の実力を見せてやる」と言い放ち、娘たちの圧倒的な実力を見せつける場面からスタート。続いて、子どもたちの可能性を信じ奮闘するリチャードの姿や、姉妹が世界チャンピオンに向けて着々と成長していく姿などがテンポ良く映し出されたものとなっている。

 本作でリチャード・ウィリアムズを演じたウィルの演技に海外メディアは大きく注目。「ウィル・スミスはアカデミー賞受賞確実!」(Los Angeles Times)、「本作のウィル・スミスを打ち負かすのは、困難だ」(The Hollywood Reporter)など絶賛の声が多く寄せられ、『ALI アリ』、『幸せのちから』に続いて、3度目のアカデミー主演男優賞ノミネートが有力視されている。

 映画『ドリームプラン』は、2022年2月23日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧