カズレーザー、アニメ声優初挑戦 『アイの歌声を聴かせて』教師役で出演

ゲーム・アニメ
映画『アイの歌声を聴かせて』
映画『アイの歌声を聴かせて』に出演するカズレーザー (C)吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会

 メイプル超合金のカズレーザーが、オリジナルアニメ映画『アイの歌声を聴かせて』でアニメ声優に初挑戦することがわかった。カズレーザーは、主演の土屋太鳳が演じる主人公・シオンが転入する高校の教師役を演じる。

 本作は、転校生シオンと真面目少女サトミの、友情と歌でつながる絆を描くハートフルストーリー。謎の美少女AI・シオン役で土屋、クラスでいつもひとりぼっちのサトミ役で福原遥が出演。工藤阿須加、興津和幸、小松未可子、日野聡、津田健次郎らが共演する。スタッフには、『サカサマのパテマ』『イヴの時間』を手掛けた吉浦康裕が原作・監督・脚本を兼任。大河内一楼が共同で脚本を担当する。

 アニメ声優初挑戦のカズレーザーが演じるのは、シオンが転入する景部高等学校の担任教師。アフレコは一見スムーズに進んでいるようにも見えたが、カズレーザーは「役どころ的に最初は感情を入れずにやっていたんですけど、感情を乗せて喋ってくださいという指導をいただいてすごく恥ずかしかった」と明かす。「普通に声を出したらなまっていると言われ、埼玉にもなまりがあったんですね、今まで意識してませんでした」など困難に直面していたようだ。

 今後挑戦してみたい役どころについて聞かれると、「言葉で感情を表すのはめちゃくちゃ難しいですね、なのでもう感情がなにも無い人や犬など棒読みの役がいいです。声優のみなさん、本当にすごいなと尊敬します」と本音を吐露。さらに、「意識して聴かないとどこで出演しているかわからないくらい、本編の邪魔はしていないので、安心してご覧ください!」とコメントした。

 映画『アイの歌声を聴かせて』は10月29日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧