なぜ磯村勇斗は、こんなにも“ワル”が似合うのか 『今日俺』『東リベ』過去作からひも解く

映画
20210921_磯村勇斗コラム用
磯村勇斗  クランクイン! 写真:高野広美

 テレビドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)や、映画『東京リベンジャーズ』など、磯村勇斗は、どうしてこんなにも“ワル”が似合うのだろう。役に入っていない時の彼は、かわいらしい笑顔が印象的なだけに、謎が深まるばかりだ。さまざまなタイプの“ワル”を巧みに演じ切る俳優・磯村勇斗の魅力を振り返ってみたい。

■同クールで異なる“ワル”を演じ分け

 そもそも、磯村がブレイクを果たすきっかけとなったのは、2017年放送の朝ドラ『ひよっこ』(NHK総合)で、ヒロイン谷田部みね子(有村架純)の相手役を好演したことにある。同作で演じた“ヒデ”こと前田秀俊は、不器用で恋愛に奥手。仕事熱心で絵に描いたような好青年だった。つまり、“ワル”のイメージは皆無だったというわけだ。

 では、“ワル”のイメージがついたのはいつからだろう…と考えた時に、思い浮かんだのが、テレビドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)と、『今日から俺は!!』である。両作とも2018年10月クールに放送され、演じたのはどちらもダークサイドな役柄。同じクール内で、異なる“ワル”を演じ分けていたのだ。

 まず、『SUITS/スーツ』で演じたのは、経歴詐称の弁護士・鈴木大貴<大輔>(中島裕翔)の悪友・谷元遊星。人並み外れた記憶力を持つ大輔を裏稼業に誘い、違法行為を続けている遊星は、大輔が上手くいきそうになると必ずと言っていいほど足を引っ張るトラブルメーカーだった。しかし遊星は、やっていることは悪いのだが、生粋の“ワル”ではない。強いのではなく、弱いからこそ悪の道に手を染めてしまう…という葛藤を表現しなければならなかった。そこで磯村は、難度の高いキャラクターを見事に演じきり、遊星をどこか憎めないキャラクターへと昇華させた。

 その一方、『今日から俺は!!』の相良猛は、卑劣で非道な手を使う生粋の“ワル”。ビジュアルも、眉毛を染めて銀髪リーゼントで挑んだ。腰をかがめて、首を前に出した立ち方や、常に眉を寄せている“ワル”な表情。原作の“狂犬相良”が、そのまま飛び出してきたかのような極悪演技を見せた。ヤンキーを演じる上で欠かせないのが、アクションスキルだが、『仮面ライダーゴースト』(テレビ朝日系)で基礎を固めている彼からすれば、得意分野なのだろう。映画『今日から俺は!!劇場版』(2020)で見せた柳楽優弥とのアクションシーンは、臨場感があり惹(ひ)きつけられた。ドラマ版とはまた違う相良の魅力が見られるので、ぜひ8日放送の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)でチェックしてほしい。

■磯村は“忘れられない表情”をする俳優
 
 また、2021年の映画『ヤクザと家族 The Family』と、テレビドラマ『珈琲いかがでしょう』(テレビ東京)で演じたのも“ワル”である。そして、どちらも“兄貴分”を強く慕う役柄だった。両作ともに求められたのは、表情のみで隠された思いを伝えること。『ヤクザと家族 The Family』で演じた木村翼がラストに見せた表情は、未だに印象に残っている。言葉ではなく、表情で“未来”を感じさせたのだ。

 『珈琲いかがでしょう』でも、青山一(中村倫也)のことを尊敬しているがゆえに追い込んでしまう切ない心を、繊細に表現していた。最終回、大嫌いなはずのコーヒーを飲んだあとのかわいらしい“ぺい”こと杉三平の笑顔は、今でも忘れられない。磯村は、“忘れられない”表情をする俳優なのである。

 さらに『東京リベンジャーズ』の千堂敦(アッくん)役では、「しっかり作り上げたい」と数分のシーンのために、短期間で減量をした磯村。そんな役者魂が、どのような役をも魅力的に輝かせるのだろう。さまざまな“ワル”を演じ分け、爽やかな好青年までこなす振り幅の広さ。さらなる飛躍が期待される俳優・磯村勇斗から目が離せない。(文・菜本かな)

 『今日から俺は!!劇場版』は10月8日21時、日本テレビ系『金曜ロードショー』にて本編ノーカット放送(25分拡大)。

エンタメ最新記事一覧