Koki,初主演『牛首村』で一人二役「不安が倍増した」 クランクアップ時には涙も

映画
映画『牛首村』主演するKoki,
映画『牛首村』主演するKoki, (C)2021 「牛首村」製作委員会

 ホラー映画『牛首村』より、主演のKoki,のクランクアップインタビューが解禁。本作が女優デビューとなるKoki,は、父が台本に書いてくれたメッセージを毎朝自分に言い聞かせながら撮影に臨んだことを明かした。

 本作は『犬鳴村』『樹海村』に続く清水崇監督の「恐怖の村」シリーズ第3弾。北陸に実在する最凶の心霊スポットが舞台となる。

 Koki,が演じるのは、17歳の女子高校生・奏音と、その妹・詩音の二役。奏音は、あることがきっかけで自分に妹の詩音がいることを知り、2人が離れ離れに暮らす真相をたどっていく。しかし、そこには“牛首村”にまつわる恐るべき秘密と忌まわしい風習がまといついていた―。

 解禁された映像では、『牛首村』のイメージビジュアルをバックに、Koki,がシンプルかつモードな衣装で登場。「私は一人でホラーが見れないぐらいホラーが怖いんです」としつつ、出演オファーを受けた時の心境を「最初に驚いたのは主演のオファーをいただけたこと。自分に主演が務まるかどうかすごい不安になったんですけど、とてもうれしかったです」と語った。

 演技への関心については「幼い頃からお父さん(木村拓哉)の映画やドラマを見ていたので、憧れはすごい持っていました」と話した上、本作に挑戦したいと思った理由を「ホラーだからではない」と強調。「最初に仮台本を見て、ホラーの部分もどんどん読んでいきたくなるぐらい素晴らしい物語だった」としつつも、「家族の絆、友情、姉妹の絆が描かれていることに引かれました」と話した。

 演じた二役と自身の共通点や違いについては、「台本を最初に読んだ時、奏音と共通点があると思った。何が何でも詩音を守りたいという絆の深さや、表では少しクールでも中身は情熱的、感情的なところとか。詩音についても、お姉ちゃんが大好きなところとかは共通すると思った」と語った。

 一人二役という難役については「最初は不安が倍増しました。自分の中で(2人を)はっきり分けるのが大変でした」と告白。

 両親からはさまざまな助言をもらったといい、「毎日のようにお父さんから聞いて、お父さんが心がけていることや印象に残っていることをすごい聞いていた」と振り返った。台本の裏側に、父から「Enjoy and do your best」というメッセージを書いてもらい、一日が始まる前に必ずそれを見て、自分に言い聞かせていたという。

 モデルの仕事との違いについては「同じなのは演じることだが、まるっきり別人の、名前がある人になることが、大きな違いだと思った」とした上、「カメラの前に立った時に、モデルの癖が出てカメラアングルになってしまうことがあった」とも明かした。

 本作出演を通して得られたことについては、「世界観が変わった。物事の捉え方とか味方とか感じ方がすごい変わりました」とコメント。

 さらに、清水監督から「感情の持っていき方が、すごくカッコよかった」と言われた出来事をうれしそうに語るなど、一言一言に熱を込めながら撮影を振り返った。

 映像内ではメイキングシーンも初公開。Koki,の撮影現場での様子とインタビューを受ける様子が交互に映し出され、本作の撮影を彼女自身の言葉で振り返る貴重な映像となっている。終盤では、クランクアップの際に彼女の目から涙がこぼれる様子も映し出され、清水組との深い絆を感じさせた。

エンタメ最新記事一覧