『スター・ウォーズ:ビジョンズ』ジェノスタジオ『のらうさロップ』場面写真&ストーリー公開

ゲーム・アニメ
短編アニメ映画集『スター・ウォーズ:ビジョンズ』
短編アニメ映画集『スター・ウォーズ:ビジョンズ』ジェノスタジオ制作『のらうさロップと緋桜お蝶』場面写真 (C)2021 TM & (C) Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 アニメ『スター・ウォーズ:ビジョンズ』(ディズニープラス/9月22日配信開始)より、ジェノスタジオが制作した『のらうさロップと緋桜お蝶』の場面写真とストーリーの一端が公開された。

 ジェノスタジオが制作した『のらうさロップと緋桜お蝶』は、“種族を超えて紡がれる家族の絆”を描く。監督は、テレビアニメ『呪術廻戦』のエンディングの作画やテレビアニメ『映像研には手を出すな!』の絵コンテなどを手掛けてきた五十嵐祐貴。

 銀河帝国の強制労働者として捕らえられていた孤児のロップは、ある日辺境の惑星タオに生きる一家の長・弥三郎と、その娘・お蝶と出会う。3人は種族を超えて「家族」となるため日々を穏やかに過ごしてきた。しかし、帝国に対する考え方の違いから、弥三郎とお蝶は徐々に擦れ違い、ついに弥三郎が独断で帝国基地への爆破テロを強行する事態となってしまう。ロップが2人の仲を取り持とうとする中、帝国将校が目の前に立ちはだかってきて…?

 場面写真では、左側にウサギのような姿をした種族の孤児のロップと右側に惑星タオに生きるお蝶が不安そうな表情で何かを見つめる姿が描かれている。大きな瞳でかわいらしい姿のロップには、まさに日本のアニメーションらしいかわいさがあふれている。

 五十嵐祐貴監督は、物語の着想について「『スター・ウォーズ』はライトセーバーやジェダイの物語である、そしてそれは黒澤映画や時代劇から強く影響を受けているというのは当然のこととして、そのジェダイの物語の拡張性や多様性といったものが、最も『スター・ウォーズ』らしさであると思います。本来ジェダイの物語はスカイウォーカー家やパルパティーン家の血縁の物語にとどまりません。そういった『スター・ウォーズ』の拡張可能性を表現するために、主人公は非血縁であり、その絆をめぐってライトセーバ ーが継承される話にしようと思いました」と振り返る。

 主人公ロップを演じた小林星蘭は、本作の見どころについて「ロップとお蝶と弥三郎が出会い、種族が違う中で生まれる絆って一体なんなんだろう、『家族ってなんだろう?』と考えながら見ると、よりこの世界観を体感出来るかなと思います。アクションシーンは何度も頑張ったので楽しんで頂けたら嬉しいです!!」と、ファンにメッセージを寄せた。

 オリジナル短編アニメ映画集『スター・ウォーズ:ビジョンズ』は、ディズニープラスにて9月22日より全9話一挙配信。

エンタメ最新記事一覧