「今はもっと楽しみたい」M・ナイト・シャマラン監督が若い時の自分に伝えたいこと

映画
映画『オールド』
映画『オールド』M・ナイト・シャマラン監督 (C) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

 作品を発表するごとに賛否両論を巻き起こすM・ナイト・シャマラン監督が新たに挑んだのは、一晩で急激に老いるビーチの謎を描いたタイムスリラー『オールド』。27歳の時に『シックス・センス』を監督し、世界的成功を収めたシャマラン監督だが、その後の道のりはヒットメーカーゆえの苦難に満ちたものでもあった。年齢と共に時間についてよく考えるようになったというシャマラン監督が、「今はもっと楽しみたいと思う」と話す真意とは。また、若い時の自分に伝えたいことも聞いてみた。

●「普通の人が変だなと思うことに興奮するんだ」

――本作は、3人の娘さんがシャマラン監督に贈ったグラフィックノベル『SANDCASTLE(原作)』が原作になっています。原作のどういった部分に惹(ひ)かれて映画化を決意したのでしょう?

シャマラン監督:私は、普通の人が変だなと思うことに興奮するんです。例えば『ヴィジット』(2015)以降、私は自分でお金を出して映画を作っているんですが、裸のおばあさんが壁をかきむしっている映画に、自分の家を担保に入れてまで資金提供するようなことは普通しないと思うんですよね(笑)。挑発的なものだったり、観た人が“変な感じ”のするものを作りたい。原案となったグラフィックノベル『SANDCASTLE(原作)』にも、まさにその“変な感じ”がありました。普通の人にとってのクレイジーは、私にとってのグレイトなんです。

――本作を作る際に、コロナ禍を意識しましたか?

シャマラン監督:映画のメインのデザインはパンデミックのずっと前に決まっていて、全然意識はしていなかったんです。ところが不思議なことに、キャラクターのセリフとかは、今、パンデミック下で私たちが感じていることを言っていたり、そういう偶然がこの映画の中では起こっています。出来上がってすぐ身近な人間に映画を観てもらったら、まるでこのパンデミックを予測して書いたかのようだよねと言われました。

●フィルム撮影は「狂気の沙汰」 それでも「デジタルではビーチの“あたたかみ”を表現できない」

――今回フィルムで撮影されたと伺いました。コロナ禍というだけで困難な中、フィルムでの撮影は大変ではなかったですか?

シャマラン監督:(うんざりした表情で)恐ろしい…とにかく恐ろしい試みだったよ(苦笑)。フィルムでの撮影は本当に大変だったんです。狂気の沙汰でした! さらに製作費を自分で出しているので、周りからは気が狂ったんじゃないかと思われました(笑)。

もちろん映画を作るにあたり、バックアップのバックアップ、そのまたバックアップのプランを用意していました。LAがシャットダウンしてしまい、代わりにローマで撮影しようと思ったんですが、もしローマもダメになったら、フィルムを冷凍保存して、世の中が再開するまで待たなければいけないかもしれないという恐ろしい状況でした。なぜすごく難しいとわかっているのに、この決断をしたかというと、やはりビーチを撮影するときは、デジタルでは“あたたかみ”みたいなものが出ないんですよ。デジタルだとなかなか伝わらない。ジャングル、水、ビーチなど、自然のものはフィルムでないと再現できないと思ったので、私にとってフィルムで撮影することはとても大事でした。

――ビーチという限られた場所での物語でしたが、撮影が特に難しかった場面を教えてください。

シャマラン監督:ビーチでの撮影ということで、非常に慎重に考えました。まずビーチの地図を書いて、崖の角度や、海にどれぐらい近いかなどを考慮しつつ、戦略が必要な難しい撮影でした。ストーリーは1日の物語ですが、1ヵ月以上かけて撮影を行っています。朝のシーンは朝、昼のシーンは昼、夜のシーンは夜といった具合に、3パートに分けて撮影し、まるで全く違う3つの映画を撮っているようでした。急激に歳を取っていくことで、俳優も変えなければならないことも非常に難しかったです。とにかく複雑でしたが、そこは私のインド人的な感覚が非常に役に立ちました。きっと私の両親は、インド人特有の科学的な側面を使ってアートを作り上げたことを、大変喜んでくれたんじゃないかと思います。


●登場人物にはシャマラン監督の身近な人を反映

――登場人物には、ご自身の体験が反映されていますか?

シャマラン監督:そうですね。小さいトレントは私のある部分を表しているし、ガイやドクターには、私自身や家族、そして認知症の父を表しています。クリスタルのような美しい人も身近にいます。ですから彼らが映画を観ると、「あの人、私のこと書いてる!?」と言うんですが、「そんなことないよ!」と言っています。ですが実はそうなんです(笑)。

――監督の一面を反映した部分を教えてもらえますか?

シャマラン監督:例えば、ガイは保険数理士で、数学やタイムテーブルを使って何が起こるかを予想する人ですが、彼はいつも心配しています。子どもがコーヒーテーブルでけがをするんじゃないかとか。しかしあのような状況に陥り、彼は計算して心配することをやめ、起こっていることに対処し始めます。

私自身もすごく心配性です。チェスの名手の人は、まさに気が狂いそうですが、彼らは現在にいるのではなく、いつも4手先、5手先、6手先を考えていなきゃいけないんですね。常に先を読んでゲームをしている。ところが現実の世界に戻ってもそうしてしまうんです。先のことばっかり考えてしまい、現在に留まれない。私もそういうところがあって、実際の生活でも映画の2年先のことを考えていたりして、いつも心配ばかりしています。そうした面がガイの心配性のところに表れていますね。

●20代、30代は成功を楽しめなかった

――今作のテーマのひとつは「老い」ですが、監督が今のご自身の年齢でこの作品を撮った意義をどう考えていますか?

シャマラン監督:最近、時間についてよく考えるんです。20代って時間のことを考えたりしないですよね。何を達成しなきゃいけないとか、これからどうなっていくのかというのをとても心配している。私は今、ちょうど真ん中にいると思います。子どもたちが大きくなり、親が年老いてきて、自分をどうにかしなきゃとか、これからどうなるのかということにすごくおびえているわけではない。死ぬことがすごく怖いということもない。そういう意味では、すごくいい場所にいると思います。

私が『オールド』を書いた時が49歳、撮ったのが50歳だったんですが、頭の中ではいろいろなことがスローダウンして、“もっと楽しみたい”と思うんですね。自分が成功し始めた20代、30代の頃は楽しめなかったんです。ですからこれからは“もっと楽しみたい”と思っています。今回悲しかったのは、日本に行けなかったことですね。日本が大好きだし、日本の文化をとても身近に感じるので、次作ではぜひ行きたいと思っています。

――『ヴィジット』(2015)以降、監督は自分で資金を出して映画を製作されていますが、破産したらどうしようとか心配はありませんか? (笑)

シャマラン監督:ははは! 私はそれまでと違うやり方をしたかったんです。というのも、なんでこんな変なものを作りたいのか、どうしてこの俳優を使いたいのか…というのをいちいち説明したくなかったんです。例えば『スプリット』(2016)では、どうして3人の女の子が誘拐されて2人の子が食べられなきゃいけないのか、なぜフラッシュバックで小さい子が虐待されていなきゃいけないのかということを、逐一説明するのが嫌だったんです。『スプリット』なんて誰もお金を出さないと思うんですよ(笑)。でも自分でお金を出すことによって、こういう美しい世界があるということを見せることができて、そしてそれを世界に封切ることができるというのは、すごくいいことだと思っています。

――若い時の自分に伝えたいことはありますか。

シャマラン監督:今、私はほかの人と違う映画を作っている自分を楽しめています。でも、その普通とは違う奇妙な部分を観客がすぐに理解はできないかもしれないけど、何回か見るうちに理解していくんだということを、若い時に知っていればよかったなと思います。『アンブレイカブル』(2000)を作った時、最初はみんなわからないんですよね。映画が封切られた直後は「えー」という感じだったんですが、最後にはみんなわかってきて、だんだんと共感されていく。ですから私は若かった頃の自分に、今みんながわからなくても、後でわかるようになるよ、と伝えたいです。(取材・文:編集部)

 映画『オールド』は公開中。

エンタメ最新記事一覧