元祖『ゴシップガール』ブレイク俳優たちの今

海外ドラマ
『ゴシップガール』ファースト・シーズン
元祖『ゴシップガール』ブレイク俳優たちの今  写真提供:AFLO

 ニューヨークに暮らすリッチな高校生たちの日常をスキャンダラスに描き、世界にセンセーションを巻き起こした『ゴシップガール』。新シリーズとなるリブート版の日本上陸を記念して、アッパーイーストサイドの懐かしい高校生たち、オリジナルキャストの今をチェックしよう!

 セシリー・フォン・ジーゲザー著の同名ベストセラー小説をドラマ化した『ゴシップガール』(以下『GG』)。2007年から2012年まで全6シーズンが放送され、ニューヨーク・マンハッタンの中でもリッチなエリア、アッパーイーストサイドを舞台に、私立校に通う生徒たちの、大人顔負けの恋愛事情やソーシャルライフ、洗練されたファッションとともに、一見ワガママ放題に暮らす彼らが抱えるプレッシャーや、ドラッグ、金銭問題なども話題を呼び大ヒットを記録した。

★ブレイク・ライヴリー(セリーナ・ヴァンダーウッドセン)

 ゴージャスなブロンドと輝く笑顔、誰もが憧れるイットガールのセリーナを演じ、一躍スターになったブレイク・ライヴリー。ドラマ終了後も、ハリソン・フォードと共演した『アデライン、100年目の恋』(2015)や、ウディ・アレン監督作『カフェ・ソサエティ』(2016)、『ロスト・バケーション』(2016)など、注目作に出演。プライベートでは、『グリーン・ランタン』(2011)で共演したライアン・レイノルズと2012年に結婚し、3人の女の子が誕生した。

 また、クリスチャン・ルブタンのミューズとして知られ、ファッションの祭典メットガラでは毎年のように注目されるなど、スクリーンの外でもセリーナを地でいくファッションアイコンとして活躍している。

★レイトン・ミースター(ブレア・ウォルドーフ)

 学園を支配するクイーン・ビー。チャックとのジェットコースターのような恋愛で、世界中をやきもきさせたブレア。演じたレイトン・ミースターは、映画『ジャッジ 裁かれる判事』(2014)などに出演したのち、シングルマザー役を演じたドラマ『シングル・ペアレンツ』(2018~2020)がヒット。また、2014年には『二十日鼠と人間』でブロードウェイデビューを果たし、同年にデビューアルバム『Heartstrings』をリリース。その他、食糧支援ネットワーク、フィーディング・アメリカのパートナーとして活動するなど、多方面で活躍している。

 プライベートでは、『GG』と並ぶ青春ドラマのヒット作『The O.C.』のアダム・ブロディと2014年に結婚し、2人の子どものママに。アダムとは『シングル・ペアレンツ』で共演も果している。

★ペン・バッジリー(ダン・ハンフリー)

 セリーナに憧れる普通の家庭出身のロンリーボーイにして、高校生たちを振り回す「ゴシップガール」の運営者でもあるダン。演じたペン・バッジリーは、優しい物腰のシリアルキラーを演じたNetflixの主演ドラマ『YOU ―君がすべて―』(2018~)が大ヒット中。シーズン3が今年中に配信予定だ。

 『GG』撮影中はセリーナ役のブレイクとのロマンスも注目を集めたペンだが、2017年に、『GIRLS/ガールズ』のジェマイマ・カークや『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』のローラ・カークの姉で、歌手のドミノ・カークと結婚。昨年に男の子が誕生し、パパになった。

★チェイス・クロフォード(ネイト・アーチボルド)

 リッチなアッパーイーストサイドの住人の中でも特に由緒正しい家柄の出身で、王子様的存在のネイトを演じたチェイス・クロフォード。人気ドラマ『Glee/グリー』へのゲスト出演などを経て、昼ドラ『Blood And Oil(原題)』(2015)に出演。現在は、Amazonの大ヒットヒーロードラマ『ザ・ボーイズ』(2019~)に出演している。

 プライベートでは、『Blood And Oil』で共演したレベッカ・リッテンハウスと2015年から交際。一度破局が報じられるものの、今年7月にもヨットデートをキャッチされているので、まだまだ順調交際中といえそうだ。

★エド・ウェストウィック(チャック・バス)

 唯一無二のオレ様キャラ、チャック・バス。ドラマスタート時は、女子たちを食い物にするヴィランだったものの、ブレアへの不器用すぎる愛情や、両親との確執など、秘めた一面が明かされるにつれてファンが急増。番組きっての人気キャラに。

 演じたエド・ウェストウィックは、ドラマ『Wicked City(原題)』や『ホワイトゴールド』に主演するなど、『GG』終了後もオレ様キャラを生かして活躍。しかし2017年、複数の女性から性的暴行で訴えられ、主演ドラマは一時中断、放送直前だった『無実はさいなむ』は出演シーンカットの憂き目に。エドは当初から容疑を全面否定しており、翌年、正式に不起訴処分とされている。その後スクリーンに無事復帰し、昨年は短編映画で監督デビューも果たした。

 プライベートでは、『GG』撮影中はヴァネッサ役のジェシカ・ゾアとラブラブだったエドだが、現在はモデルのタマラ・フランチェスコーニと交際中。

★テイラー・モンセン(ジェニー・ハンフリー)

 ダンの妹で、ブレアの跡を継いで学園のクイーンになるかと思われたジェニー。演じたテイラー・モンセンは、音楽活動に専念するためにシーズン4を最後に番組を降板。ファイナルシーズンにゲスト出演したものの、以来女優業からは距離を置き、オルタナティヴ・ロック・バンド、THE PRETTY RECKLESSのフロントウーマンとして活躍中。バンドは今年2月、5年ぶりに4枚目となるニューアルバム『Death By Rock And Roll』をリリースした。

★ジェシカ・ゾア(ヴァネッサ・エイブラムズ)

 ダンの幼なじみで、フィルムメーカー志望のヴァネッサ。演じたジェシカ・ゾアは、『GG』終了後もドラマ『キングダム』や『シェイムレス 俺たちに恥はない』に出演するなど、コンスタントに活躍中。
プライベートでは今年1月、恋人でホッケー選手のブラッド・リチャードソンとの間に男の子を出産し、ママになったばかり。

★セバスチャン・スタン(カーター・ベイゼン)

 『GG』きってのバッドボーイ、カーターを演じたのは、今やマーベルヒーローとして大活躍のセバスチャン・スタン。ウィンター・ソルジャー(バッキー・バーンズ)役を演じる『アベンジャーズ』シリーズのほか、オスカー候補入りした『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2017)やNetflixの『悪魔はいつもそこに』(2020)など、話題作に続々出演。この後、リリー・ジェームズがセクシー女優のパメラ・アンダーソンにふんすることでも話題のドラマ『Pam & Tommy(原題)』が待機中と、ますます活躍の予感。プライベートでは、スペイン人女優のアレハンドラ・オニエバと交際中だ。

★新『ゴシップガール』出演にも期待!

 日本でも8月20日より配信開始された新『ゴシップガール』。1話目では早くもネイトやダンに触れられ、ファン心をくすぐった。今シーズン中はメインキャラのカムバックはないというものの、今後もしかしたら、大人になったアッパーイーストサイダーたちに会えるかも! ドラマを卒業して10年近く、それぞれ活躍の場を広げた彼らの成長が役にどう反映されるのか、今から楽しみすぎる。(文・寺井多恵)

エンタメ最新記事一覧