『風立ちぬ』冒頭で明かされるヒロインの結末 ジブリの難解作に込めた宮崎駿の真意とは

ゲーム・アニメ
映画『風立ちぬ』
映画『風立ちぬ』場面写真  写真提供:AFLO

 宮崎駿監督が手掛けたアニメ映画『風立ちぬ』が、今夜の『金曜ロードショー』(日本テレビ系/毎週金曜21時)で放送される。ジブリの長編アニメ映画初となる“実在の人物”をモチーフにした物語が多くの視聴者の胸を打った感動巨編である一方、説明が極端に少なく物語が淡々と進むため、作品の真意を深く理解することが難しい内容でもある。そこで本稿では、宮崎監督の言葉を元に、知っていれば少し違った視点で作品を楽しめるかもしれないポイントを掘り下げていく。(以下ネタバレを含みます。ご了承のうえ、お読みください)

 本作は、戦争へと突入する激動の日本を舞台に、1人の航空機設計者の少年から青年期を追う物語。零戦の設計者として知られる実在の人物・堀越二郎氏に小説家・堀辰雄の小説『風立ちぬ』のエッセンスを加えた主人公“堀越二郎”が飛行機の設計に情熱を注ぎ、愛する女性・里見菜穂子と共に生きる様子を大胆な空想を交えて描く。

■キャラクターが能動的に描かれない理由「本当になんかやろうとする人間はね、でかい声で叫ばない」

 主人公・堀越二郎は近眼のためパイロットになることはかなわなかったが、夢の中でカプローニという憧れの設計者と出会ったことで、飛行機の設計を志していく。誠実さがにじみ出る人柄を見せる一方、設計者になってからは戦闘機、つまり戦争のための道具を作ることになる彼が、その手を止めることを決してしなかった。二郎が何を考えていたのか、その真意が作中で語られることはない。

 これは、その時々で視聴者に作品を説明するような“お約束”とも言えるセリフが少ないため、二郎が真に何を考えているのかくみ取りづらくなっている。加えて、夢と現実を行き来したり、時代がいきなり数年後に飛ぶような複雑な構成も作品の難度を上げている。

 二郎について、作品の公式サイトで公開されている企画書に「自分の夢に忠実にまっすぐ進んだ人物を描きたいのである。夢は狂気をはらむ、その毒もかくしてはならない。美しすぎるものへの憬れは、人生の罠でもある。美に傾く代償は少くない」との宮崎監督のメッセージが記されている。

 この言葉を補足するような内容として、インタビュー集『続・風の帰る場所』(ロッキング・オン刊)で、宮崎監督は「堀越二郎は職業人ですから、飛行機を作りたいんですよ。(中略)これを作れって言われたら、やっぱりいい飛行機を作ろうって思っちゃう。そのほうが僕は普通だと僕は思います」と語っている。

 さらに、「たとえば主人公を能動的にしてね、『よし、僕はやるぞ!』とか言って設計事務所に入ってくるような人間にしたら、そんなのちゃんちゃらおかしくてね、堀越二郎の“ほ”の字にも辿り着かない。(中略)本当になんかやろうとする人間はね、でかい声で叫ばないですよ」とコメント。キャラクターが能動的に描かれないのは、サービスに逃げず、リアルを保証しながら人物に肉薄するためだという。

■視聴者に衝撃 菜穂子の「来て」

 大人の恋愛が描かれているのも本作の大きな特徴で、二郎は結核を患う菜穂子と夫婦の関係になる。出会いから結婚までのお互いの真っ直ぐな気持ちに胸打たれる一方で、菜穂子が布団から二郎に「来て」と呼びかけるシーンに衝撃を受けた視聴者も少なくなかっただろう。

 菜穂子の行動について、宮崎監督は「絵コンテ切ってたら、この人は『来て』って言うに違いない、と。だって、それで寿命が縮むのを覚悟して出てきているんだから」と説明。自分に残された時間が少ないと知りながら、さらに命を削ってでも愛する二郎の元へやってきた菜穂子に、「それぐらいのことをしないとどうにもなんない」とコメントしている。また、二郎から誘わなかった理由については「結核でふらふらになってる嫁さんを前にしてね、そりゃ当然だと思いますよ」と言及している。このシーンは、ただの夫婦の愛情を示すだけではない覚悟の描写だとうかがえる。

■「風立ちぬ」は穏やかな風ではない

 タイトルの『風立ちぬ』は、堀の同名小説の冒頭にて掲げられているポール・ヴァレリーの詩『海辺の墓地』の一節「Le vent se leve, il faut tenter de vivre.」を堀が訳した「風立ちぬ、いざ生きめやも」という有名な詩句からきている。宮崎監督は「原発が爆発したあとに轟々と吹く風と木がうわーって揺れている様子を見て、『風立ちぬ』というのはこういうことなんだと思った」と語っている。さわやかな風が吹いているのではなく、轟々と吹く。そんな恐ろしい風の中ならば、必死で「生きようとしなければならない」。自然に解釈するなら「いざ生きめやも」は「生きようとしたけれども」という反語になるのが自然だが、許嫁を亡くした後に執筆したこともあり、そう書かざるを得なかったのだろう、と宮崎監督は推測している。

 なお、アニメスタジオ・ガイナックスの創設者兼元取締役で株式会社オタキング代表取締役・岡田斗司夫氏は、「風立ちぬ、いざ生きめやも」という序曲が映画の全体像を表すものだとしたうえで、映画冒頭のタイトルでポール・ヴァレリーと併せてわざわざ「堀辰雄」と表記されている意味について、自身の公式YouTubeチャンネルで解説。

 堀の小説内では「イーゼルが風で倒れるという描写は恋人が死んでしまう前兆であることを表現している」と述べ、この部分が分かっていると、作中で「菜穂子が軽井沢の高原で絵を描いているシーンでイーゼルが倒れるということは、菜穂子が死ぬ運命だと分かる」という。宮崎監督はそれが分かるように作っており、あえて堀の名前を表記したのは「この話が堀辰雄の『風立ちぬ』に沿って展開します、というサインでもある」、つまり宮崎監督は、分かる人には冒頭のタイトルの時点で菜穂子の結末がわかるように映画を作っている、と説明している。

 実在の人物がモチーフ、映画の主人公がヒロイックに描かれないなど、ジブリ作品の中で異色ともいえる内容で、それでも多くのファンを獲得した『風立ちぬ』。それはあれこれと考えずとも大変に楽しめる作品の証明ではあるが、少し視点を変えて新しい解釈で見るのも面白いかもしれない。

 映画『風立ちぬ』は、日本テレビ系『金曜ロードショー』にて8月27日21時放送。

エンタメ最新記事一覧