『ワイスピ』復帰! サン・カン&ジャスティン・リン監督が日本の思い出を語る

映画
映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』
(左から)ジャスティン・リン監督、サン・カン(ハン役) (C) ABImages

 現在公開中の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』でサプライズ復帰を果たしたハン役のサン・カンと、6作目『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013)以来のシリーズ復帰となったジャスティン・リン監督。共に作品の人気をけん引した2人の復帰にファンも大喜びだが、改めて『ワイルド・スピード』の舞台に戻ってきた感想と、シリーズ3作目『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006)で東京ロケを経験した2人に、当時の思い出話を聞いた。

 シリーズ9作目となる本作は、世界を牛耳ることも滅ぼすこともできるあるデジタル装置をめぐって、ドミニク(ヴィン・ディーゼル)を中心としたおなじみのファミリーと、彼の実弟ジェイコブ率いる謎の武装集団が激しい争い繰り広げる。

 シリーズ3作目『TOKYO DRIFT』で命を落としたはずのハン(サン)の復帰は、世界中を驚かせた。その背景には、「ハンに正義を(#Justice For Han)」というネット上でのファンによる熱烈なハッシュタグ活動が展開されたことがある。ハンを演じるサンは「こんなにキャラクターを愛してもらえるなんて」と感激の様子で「謙虚にありがとうございますと受け止めたいです」と述べた。

 久しぶりにスクリーンに姿を現したハンは、かつてのロン毛から短髪に変化し、佇まいもすっかり成熟した大人の雰囲気に。サンは、ハンというキャラクターとの出会いを「ラッキー」と表現。「『TOKYO DRIFT』の私はとても若く視点や人生の価値観や経験値というのも違っていました。この年齢になってみて思うのは、俳優かどうかは関係なく、人生というのは、時に大きな試練を与えてきますよね。そこからいろいろ学んで年齢や経験と共に視点も変わる。だからキャラクターと一緒に年を重ねられたのはよかったと思います。自分の経験を反映できたので、今またハンを演じることができて幸運でした」としみじみと語った。

 一方、ジャスティン監督もハンの復帰は「100%ファンのおかげ」と感謝しきり。自身も約8年ぶりのシリーズ復帰となったが、「“家族”というテーマをさらに掘り下げるアイデアが出て、これを見逃すのはあまりに惜しいと思い、戻ってきました」と、さらにシリーズの高みを目指していく貪欲な姿勢を見せた。
 
 東京を舞台にした『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』は、サンにとって初のシリーズ出演作で、ジャスティン監督にとってもシリーズ初監督作だった。最新作『ジェットブレイク』には、『TOKYO DRIFT』の主人公ショーンと、その仲間であるトゥインキーとアールが15年ぶりに再登場している。

 ジャスティン監督は「東京にはいい思い出がたくさんあります。スタッフがとてもすばらしく、なんとかストーリーを実現させようと努力してくれる。彼らはシリーズのファミリーだと思っています」とコメント。最新作『ジェットブレイク』へのショーンらの復帰にも言及し、「当時彼らは子どもでしたが、今は結婚して子どもがいたりするんです。そういう経験は特別なことだと思います。素晴らしい人たちが関わってくれて成長した姿を見ることができる。本当に特別なシリーズであり誇りに思っています」と思いを口にした。
 
 サンにも東京の思い出を聞いてみると、前のめりになりながら「例えば東京でレストランに行って2人しか店員がいない。ひとりが調理してもうひとりが接客する、そんなレストランでも常に食事が最高なんだ!」と熱弁。東京にいた当時も今も、「自分が怠けていると実感する」と言い、「日本の人たちはチームワークが素晴らしいので、どうやって一緒に働き、どう進んでいくのかを常に教えてくれる場所だと思います」と話してくれた。さらに食事ついては伝え足りなかったのか「例えばセブンイレブンでもそう! 日本のセブンイレブンのフードは5つ星をあげられるくらいおいしいんですから!」と付け加えるサン。記者がありがとうございますと言うと、「どういたしまして(笑) これは褒めてるんじゃなくて、事実なんだよ!」と念押ししてくれた。(取材・文:編集部)

 映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は公開中。
 
 ★インタビューの完全版は、以下のリンクより。

エンタメ最新記事一覧