『ワイルド・スピード』楠大典VS中村悠一! 兄弟が舌戦を繰り広げる吹き替え版本編解禁

映画
映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』
映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』場面写真 (C)2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

 大ヒットアクションシリーズ第9弾となる映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』より、主人公ドミニク(声:楠大典)と彼の弟ジェイコブ(声:中村悠一)が迫力たっぷりに舌戦を繰り広げる場面を収めた日本語吹き替え版の本編映像が解禁された。

 本作では主人公ドミニク・トレット役のヴィン・ディーゼルをはじめ、オリジナルファミリーの面々がカムバックを果たし、『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)でファミリーの前に立ちはだかったサイファー(シャーリーズ・セロン)や、前代未聞のサプライズとしてハン(サン・カン)も再登場。そしてファミリーの絆を揺るがす新たな敵となるドミニクの弟ジェイコブ(ジョン・シナ)も参戦する。全米では初登場ナンバーワンを記録し、全世界累計興収は5億ドル(約599億2500万円)を突破した。

 日本語吹き替え版には、過去シリーズからの続投キャストとして、ドミニク役に楠大典、レティ役に甲斐田裕子、ローマン役に松田健一郎、テズ役に渡辺穣、ミア役に園崎未恵、ラムジー役に坂本真綾、サン・カン役に川島得愛、サイファー役に田中敦子と、おなじみのワイスピファミリーが再集結。

 さらに今回新たな吹き替えキャストとして、ドミニクの弟にしてシリーズ史上最大の難敵ジェイコブ役で中村悠一、ジェイコブと手を組み世界を掌握する計画を企てるオットー役で神谷浩史、そして『ワイルド・スピードX3/TOKYO DRIFT』(2006)以来のカムバックを果たすショーン役で浪川大輔、ショーンの仲間のアール役で下野紘、同じくショーンの仲間のトゥインキー役で木村昴が参戦する。

 今回解禁されたのは、兄ドミニク(声:楠)と弟ジェイコブ(声:中村)が舌戦を繰り広げる様子を収めた本編映像。敵対視する関係に発展してしまった兄弟2人。「スパイの真似か?俺には勝てない」と余裕の笑みを見せ「ひとつ言っておこう。お前が言った言葉だ。消えるんだ、今すぐに。車に乗って二度と顔を見せるな。永遠に」と兄に言い放つジェイコブ。

 そんな弟の態度に対し、ドミニクは「あの言葉は…情けをかけてやったんだ!」と怒りを爆発させ「今後は容赦しないぞ」と宣戦布告。2人は真正面から銃を突き付け合う。果たして兄弟の過去には何があったのか。ベテラン声優2人の凄みあふれる演技が印象的な、兄弟の確執が露わになる重要なシーンとなっている。

 ジェイコブ役を演じた中村は「あのマッチョでクールでガソリンの匂いにむせ返るような『ワイスピ』に参加出来るとは夢にも思わず、しかも『ドム』の関係者! 周囲の圧倒的オーラの登場人物に負けないよう気合を入れジェイコブへ台詞を吹き込ませて頂きました。本作での彼とドムの確執が生むドラマに期待して下さい」とコメントを寄せている。

 映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク 』は8月6日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧