勝地涼&仲野太賀W主演、舞台『いのち知らず』発表 男性キャスト5人だけのサスペンス

エンタメ
舞台『いのち知らず』
舞台『いのち知らず』メインビジュアル(上段左から)ダブル主演の勝地涼、仲野太賀、(下段左から)新名基浩、光石研、岩松了

 俳優の勝地涼、仲野太賀がダブル主演し、光石研、新名基浩、岩松了という男性キャスト5人だけが出演する舞台『いのち知らず』が、10月22日より下北沢・本多劇場にて上演されることが決定した。

 本作は、とある山間にある研究所を舞台に、その施設の目的も知らずに門番として雇われている2人の若者と、やはりその施設で雇われている年配の男の交流を通して、「いのち」の意味と男同士の「友情」の真価を問う人間ドラマ。

 施設の門番として雇われているロク役を勝地、ロクと共に門番として雇われるシド役を仲野がダブル主演で演じ、もう1人の年嵩の門番・モオリ役を今作が5年ぶりの舞台となる名バイプレーヤーの光石、さらに個性的な演技で魅了する新名、作・演出も兼ねる岩松が脇を固める。

 山間にある施設の門番をし、番屋で同居しているロク(勝地)とシド(仲野)。さらにもう1人、モオリ(光石)という年嵩の門番がいた。ある時、2人はモオリから、この施設が「死んだ人間を生き返らせる研究をしている」施設だと知らされる。この仕事でお金を貯めて、街で車の修理工場を立ち上げる、という夢があったロクとシドだったが、その施設の異様さが、やがて2人の行く末に不安な影を落としてゆく…。大きな力に翻弄されていく若者と、それを傍観する1人の男―。彼らの「いのち」に迫る陰謀とは!?

 勝地は、「2年前に岩松さんの舞台に出させていただいたときに、『次は太賀と一緒にやりたいですね!』とお話させて頂いたことが実現し、とても嬉しく、そして緊張もしています」と語り、「劇場という同じ空間で、【生】のお芝居を体感しにきて下さい」とコメント。

 一方仲野は、「岩松了さんの演劇には魔力があります。戯曲に取り憑かれては、溺れてしまいかねない。しかし、没頭しながら舞台に立っている時、何よりも役者としての喜びを感じるのです」と語り、「とにかく、開演が今から待ち遠しいです」とメッセージを寄せた。

 M&Oplaysプロデュース『いのち知らず』は10月22日より11月14日まで東京・本多劇場にて上演。その後、宮城、大阪、島根、山口、熊本、広島、愛知にて巡演。

エンタメ最新記事一覧

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介