日向坂46・小坂菜緒、初ソロ写真集で見せる「今までできなかった表情」

エンタメ
20210626日向坂46・小坂菜緒インタビュー
日向坂46・小坂菜緒  クランクイン! 写真:松林満美

 坂道グループのソロ写真集として最多の初版15万部+発売前重版2万部の合計17万部でスタートする日向坂46・小坂菜緒の1stソロ写真集『君は誰?』(集英社)。3月に高校を卒業したばかりの小坂が“高校生活最後”と“卒業後”の姿をのびのびと表現している。「今までの自分にはできなかった表情」を見せられたという本作では、水着カットにも初挑戦。1冊を通して、さまざまな経験を重ねてきた小坂の“成長”を感じられる。

作品のために「いい体をつくりたい」

――まもなく発売の1stソロ写真集『君は誰?』は初版と発売前重版の合計17万部でスタート。期待の声も多いですが、最初に話を聞いたときはどう思いましたか?

小坂:すごくうれしかったです。先輩方のソロ写真集を見て、いつか自分も出せたらいいなと思っていたし、10代のうちにソロ写真集を出すのも夢でした。だから、今回18歳というタイミングでお話を頂けて「うれしい! 頑張りたい」と思いました。

――パーソナリティーを務めるラジオ番組『星のドラゴンクエスト presents 日向坂46 小坂菜緒の「小坂なラジオ」』(TOKYO FM/毎週金曜19時30分)では、撮影に向けて「宅トレ(自宅でのトレーニング)」を頑張ったと話していましたね。

小坂:全身を絞るイメージで、腹筋を中心に筋トレを頑張りました。水着カットに初挑戦することも決まっていたので、「いい体をつくりたい」と思ったんです。元々知っていたものに加えて、本やネットから自分に合いそうなものを選んで、5〜6種類のメニューを組み立てて。毎日、気分を変えるために「今日はこれをやろう」と決めていました。

――体を絞るのは自主的に決めたのでしょうか? ちなみに以前、日向坂46の齊藤京子さんにお話を聞いたときは、1stソロ写真集『とっておきの恋人』(主婦と生活社)の撮影に向けて「普段の姿や表情を見せたかったので、あえて体を絞ろうとはしなかった」と話していました。

小坂:自分で決めました。私は、見た目に自信がないんです。皆さんは「そんなことないよ」と言ってくださるけど、自分のスタイルが好きじゃなくて。だから少しでも自信を持って撮影に臨むために、しっかり準備していきました。

――写真集への意気込みが伝わってきます。食事にも気を遣っていましたか?

小坂:撮影の3ヵ月くらい前からは糖質制限をして、炭水化物をほぼ食べませんでした。お米やパンをまったく食べずに、タンパク質を多く取るよう心掛けて。でも、不思議ときついとは思わなかったんです。納得できる体が作れるなら、と思ったら頑張れたし、“撮影が終わるまで”と決めてやっていたから。もし、これがずっと続くなら心が折れていたと思うんですけど(笑)、「いい作品にしたい」という思いが勝っていました。ただ、それがあったから、撮影中に食べた焼き魚がめちゃめちゃおいしかったです(笑)。

――焼き魚ですか(笑)。

小坂:これは写真集には入っていないカットなんですけど、古民家で撮影したときに、囲炉裏(いろり)があったんです。そこで、炭火で焼いた鮎を人生で初めて食べて。食事制限の最中だったので、一口食べたらやみつきになっちゃいました。スタッフさんが撮影の準備をしているそばで、パクパク食べてしまって。「こんなにおいしい焼き魚があったとは!」と思えるほどでした(笑)。

■「今までできなかった表情」を見せられた

――そうして体づくりに励んだ上で、水着カットにも初挑戦していますね。撮影現場では、緊張感もあったのかなと思います。

小坂:初めは「大丈夫かな」と緊張や不安がありましたけど、専属モデルを務めさせていただいている雑誌「Seventeen」(集英社)と同じ撮影チームだったので安心できました。数回シャッターを切られれば、自然と緊張がほぐれるような、楽しい撮影をしていただけました。

――今回の写真集は、テーマの1つが「現役高校生活最後の少女感」です。3月に高校卒業した小坂さんならではのキャッチコピーですが、その思いが詰まったカットは?

小坂:セーラー服を着て、学校の屋上で撮影したカットです。屋上に腰掛けて、たそがれているような。実際の高校生活では屋上へ行くのは禁止されていたので、貴重な経験でした。夕暮れ時の撮影だったから、遠くに見える景色もすごくきれいで。その瞬間は「いい日になったな」と思っていました。

――高校卒業から先へ。もう1つのテーマは「卒業後のオトナな彼女感」です。大人っぽさを表現できたと思える1枚は?

小坂:青空の下で、白い花束を抱えているカットです。大人っぽい私を写してもらえた1枚で、昔の自分には引き出せなかった雰囲気を感じます。それこそ1〜2年前の今までの自分にはできなかった表情だと思います。

――「今までの自分にはできなかった表情」が、なぜ今は出せるようになったと思いますか。

小坂:やっぱり、いろいろな経験を積んできたからだと思います。昔は表情が固かった部分もありましたけど、だんだんと自分の気持ちも表情も柔らかくなってきたように感じて。写真集もそう感じ始めた時期に撮影できて、今までできなかった表情を1冊にたくさん詰め込むことができました。

――全編を通して、小坂さんの成長も感じられそうです。最後にもう1つだけ気になることが…。撮影に向けて炭水化物を抜く食事制限に励んでいたと話していましたが、無事に撮影を終えてからは何を食べましたか?

小坂:頑張ったご褒美として、お父さんと一緒に肉寿司を食べました。やっぱり、おいしいものを食べるのがストレス解消の一番の方法だなと思って。ずっと食べたいけど我慢していたので、久しぶりに心から「お米を食べた!」と思えました(笑)。(取材・文:カネコシュウヘイ 写真:松林満美)

 日向坂46・小坂菜緒の1stソロ写真集『君は誰?』(集英社)は6月29日発売。

【インタビュー後編】日向坂46・小坂菜緒が振り返る“高校生活”「アイドルが私の青春だった」に続きます。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介