元SNH48タン・ミン主演、“食とスローライフ”を描く新ジャンル時代劇が中国で大ヒット!

海外ドラマ
『花小厨~しあわせの料理帖~』DVD
『花小厨~しあわせの料理帖~』タン・ミン演じるヒロイン・花小麦 (C)2020 Youku information technology(Beijing)co., LTD

 美味しい料理と恋の物語を描いたグルメ&ラブロマンス時代劇『花小厨~しあわせの料理帖~』。グルメドラマといえば『神々の晩餐 ‐シアワセのレシピ‐』、『製パン王キム・タック』など日本でも人気のアジアドラマはたくさんあるが、本作も中国の大手配信サイト、YOUKU(優酷)でドラマランキング1位に輝いたヒット作だ。“痛快なグルメ対決”や“ほのぼのとしたラブストーリー”、“ほっこりできる人間ドラマ”などこれまでの中国時代劇とは一線を画す新ジャンルのドラマとなっている。

■ 天才料理人のヒロインが料理バトルで連戦連勝

 元SNH48のタン・ミン演じる小さな村に住むヒロイン・花小麦(かしょうばく)は、食材に詳しく、レシピを生み出すセンスが抜群で、調理の腕も一流。日本では男性中心の料理界で腕前を磨いていく時代劇ヒロインといえば、ドラマと映画になった『みをつくし料理帖』が思い浮かぶが、花小麦は、若くしてすでに天才的な料理人というのがミソ。彼女が次々と現れる名だたる酒楼の料理人たちと料理バトルを繰り広げ、鮮やかに勝利を収めていく姿は痛快。女性であるがゆえに見くびられがちな花小麦だが、毎日家族のために愛情たっぷりの手料理を振舞っている彼女こそが、最も人々の胃袋をつかむすべを知っているという展開にスカッと爽快感が味わえる。

 また、彼女が目にも美味しい数々のメニューを作り出していくシーンも、まるで料理番組や食のドキュメンタリーを見ているかのような臨場感。毎話ごとに紹介される中国伝統の家庭料理は、どれも真似したくなるものばかりで見ているだけで食欲がわいてくる。

■ 頼れるイケメンとのほのぼのロマンス

 年頃の花小麦が恋をするのは運送業を担うヒョウ局で働く若者で、ヤン・カイチョン演じる孟郁槐(もういくかい)。山に出かけた花小麦が崖の上のキノコを採ろうとして足を滑らせたところに、武術が得意な孟郁槐が現れ、彼女を華麗に抱きとめ助けてくれたことが出会いのきっかけとなる。ところが、花小麦が火を起こしバーベキューをしていたのに気づいた孟郁槐は、有無を言わさず乱暴に火を消して「山火事になったら君の食い意地のせいだぞ」と非難し、その態度に花小麦はムカムカ。そんなふうにケンカしながらも、いつしか仲良くなっていく二人のピュアな恋模様がなんとも微笑ましい。

 花小麦が孟郁槐のために料理を作ったり、孟郁槐が花小麦のために珍しい食材を手に入れたりと、“ドラマティックすぎる”ラブ史劇とはまた違った、ハートウォーミングなラブストーリーとなっており、さりげないやり取りの中で愛を育んでいく彼らの姿に心癒されるはずだ。

■ 自然と人情にあふれた田舎のスローライフ

 花小麦の姉は気が強くすぐにお説教モードになるが、気のいい女性。また、孟郁槐のボスは強面だが面倒見のいい男。他にも、貧乏だが志だけは高いグルメな文人や、世話好きな奥様、情報通のおじいさん、花小麦に弟子入りする味覚の鋭い娘など、村には個性的な面々が揃う。そんな愛すべきキャラクターたちが繰り広げる喜怒哀楽に満ちた人情味たっぷりの人間ドラマも安心して楽しめる面白さ。ちょっとしたトラブルも愛の力でポジティブに乗り越えていく花小麦と孟郁槐の田舎生活に思わずほっこりしてしまう。

 また、本作は水と緑にあふれた景勝地・浙江省麗水で実際に撮影しており、雄大な自然美も見どころの一つだ。

 宮廷ドラマでもない、ファンタジーでもない、庶民の食とスローライフをテーマに描いた新鮮な中国時代劇は、忙しい生活を送る現代人の心に寄り添う作品となっている。

 『花小厨~しあわせの料理帖~』のDVDは、本日6月23日(水)より発売、レンタル開始。現在、公式YouTubeにて第1回が特別公開されている。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介