又吉直樹、『世にも奇妙な物語』棋士役で初出演&主演 注目は「えたいの知れない怖さ」

エンタメ
【フジテレビ】『世にも奇妙な物語‘21夏の特別編』
『世にも奇妙な物語‘21夏の特別編』に出演する又吉直樹 (C)フジテレビ

 お笑い芸人で芥川賞作家としても活躍する又吉直樹が、6月26日21時放送の土曜プレミアム『世にも奇妙な物語’21夏の特別編』(フジテレビ系)で主演を務めることが発表された。棋士役を演じる又吉は、シリーズ初出演にして初主演。コメントも到着した。

 1990年4月にレギュラードラマとして放送を開始し、その後は特別編の形で年に2度放送を続ける同シリーズ。26日放送の最新作は4つの“奇妙な”エピソードが登場するオムニバスドラマとなり、その1つ「成る」で又吉が主演する。

 又吉が演じる有名プロの棋士の主人公・岩屋賢太郎は、AI棋士“不惑”を相手としたある日の対局でいつものように駒を返すと、見たことのない文字が駒に書かれていることに気付く。そしてAI棋士が駒を返すとある女性の名前が現れる。動揺を隠しきれない岩屋。実は昨年、岩屋はその名前の女性と週刊誌に写真を撮られ、妻とは離婚協議中だった。

 父が将棋好きで、子どもの頃よく対局を見ていたという又吉は、「1人のシーンが多く、また、正座に慣れていないこともあって。ドラマの内容も過酷な闘いでしたけれど、いつ正座の体勢から足を崩そうかという闘いを1人でしていました(笑)」と撮影を振り返り、「どんどん追い込まれていく棋士と、どんどん棋士を追い込んでいく“不惑”という名のAI棋士。えたいの知れない怖さみたいなものに是非注目して見ていただきたいです」とアピール。

 怪奇現象やホラーについて、「エッセーや短編で書いたこともありますし、不思議な話を書くのはわりと好きですね。コントも含めてですが、ちょっと奇妙な話を考えるのは好きです」とコメント。また、自身のトラウマ体験については「ヤンキーに喝上げされた経験のある場所には大人になっても行くのが嫌でした(笑)」と明かした。

 土曜プレミアム『世にも奇妙な物語’21夏の特別編』は、フジテレビ系にて6月26日21時放送。

エンタメ最新記事一覧