『るろうに剣心』雪代巴を演じた有村架純に絶賛の声「最高の巴でした」「巴が美しすぎた」

映画
映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』
映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』有村架純演じる雪代巴 (C)和月伸宏/集英社 (C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

 10年にわたるシリーズのラストを飾る映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』に、雪代巴役で出演している有村架純が、スクリーンで圧倒的な存在感を示し「最高の巴でした」「巴が有村さんで良かった」と大きな反響を呼んでいる。

 主人公・緋村剣心を演じた佐藤健が「『るろうに剣心』シリーズ三部作すべてを演じた僕のなかには、雪代巴という一人の女性が内包されていた」と言うほど、シリーズにおける巴の存在は大きい。有村自身も、オファーを受けたときは「正直すごく怖かった」と話していた。

 これまで主演作をいくつも重ね、着実に女優のキャリアを積んできた有村をしても、重圧に負けそうになるぐらいの大役。当然、『るろうに剣心』ファンの間でも「誰が巴を演じるのか」というのは、原作の「追憶編」を実写化するというニュースが出たときから大きなトピックスになっていた。

 巴は許嫁を剣心に殺され、復讐のために彼に近づくという側面を持ちつつ、剣心の持つ深い悲しみに触れることで、徐々に心惹(ひ)かれていくという繊細な役柄だ。有村は劇中、極力説明的なセリフはなく、佇まいや表情、細やかな仕草だけで、その思いを表現するという、女優としても非常に難易度の高いキャラクターに挑んでいる。

 有村は、悲劇的に感じられる巴に対して「残酷な運命を背負っているけれど、自分で道を選択していく芯の強さがある」と自身の解釈を述べていたが、一方で目の色味や発する言葉のニュアンス、さらには体重を絞ることで、儚(はかな)さも表現した。

 剣心が巴を抱きかかえるメインビジュアルが公開されたとき、その美しさにSNSでも「待ちきれない」「早く巴と剣心の物語が見たい」と大きな反響があったが、映画が公開されると、有村が演じた巴に対して「血の通った巴が確かに存在した」「巴に心奪われる」「巴(有村架純さん)が美しすぎた」「巴が良すぎた…切ない」「有村さんの覚悟が伝わるほど巴だった」と称賛があふれた。

 これまでのシリーズは、アクション大作としての側面が強かった『るろうに剣心』だが、本作は剣心と巴の切ないラブストーリーが主軸となっている。この点についても「剣心と巴がなんとも艶やか」「吸い込まれるように美しい佐藤健と有村架純」「これほどまで悲しい愛はない」「剣心と巴の切ないラブストーリーに感動した」と、SNSでは大いに感情移入している鑑賞者が続出。2人の熱演には「佐藤健と有村架純、緋村抜刀斎と雪代巴そのものでした」「剣心の役ができたのは佐藤健しかいなかったけど、巴の役もまた有村架純しかいなかったと思う」という声が寄せられている。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介