有村架純、体重を絞って挑んだ 『るろうに剣心』巴役への重圧「期待を裏切りたくない」

映画
有村架純 『るろうに剣心 最終章 The Beginning』インタビュー 202103
有村架純  クランクイン! 写真:ヨシダヤスシ

 『るろうに剣心』シリーズで約10年に渡り主人公・緋村剣心を演じてきた佐藤健をはじめ、スタッフ、キャストが強く、そして深い思いを抱いていた雪代巴という役。演じるのは女優・有村架純。これまで数々の映画やドラマで主演を務め、場数を踏んできた彼女をもってしても「とんでもないところに参加してしまった」というほど重圧があったという。一方で“大きな期待”というのは、有村にとっては女優業への強いモチベーションになっているようだ――。

■「剣心の役作りは巴から始まった」という佐藤健の言葉

 10年間『るろうに剣心』という作品を背負ってきた佐藤が「どうしても映画にしたかった」という原作の「追憶編」。そこには剣心が、人斬り抜刀斎から流浪人となり「不殺(殺さず)」の誓いを立てるきっかけとなった巴との物語が描かれているが、ようやく映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』としてファンの前にお披露目される。

 佐藤ばかりか、大友啓史監督をはじめ多くの製作陣も実写化を切望していた本作。当然、雪代巴という女性を誰が演じるのか――ということは、作品を大きく左右する重要なキャスティングとなる。そんな大役を担ったのが有村だ。「大友監督、プロデューサーさん、そして健さんが『追憶編』にどれだけの思いをかけていたのか、そして巴という役がどれだけ大切な役かということは重々承知していましたので、正直すごく怖かったです」と胸の内を明かす。

 そこには、日本の実写映画としては稀(まれ)な5部作、10年という歳月の重みが有村にのしかかった。「映画に携わるみなさんの思いが強くなければ実現しないプロジェクト。そこに主演としてずっと戦い続けている健さんの気持ちは並大抵のものではないだろうし、その本人から『剣心の役作りは巴から始まっている』と言われたんです。それを聞いて正直『とんでもないところに参加してしまった』と思ったのですが、自分にできることは、しっかりと気持ちを受け止めて、ワンシーン、ワンカット集中して臨むことだけでした」。

■「頬がこける感じで」というオーダーで体重を絞った

 邪念は取り除き、とにかく巴として生きる日々。巴は、復讐のために剣心に近づいたものの、共に過ごす中で心惹(ひ)かれてしまうという悲劇性の強い女性。しかし有村は「もちろん巴は残酷な運命を背負っていると思いましたが、自分で道を選択していく芯の強さを持っていると感じたんです。儚(はかな)いだけではない、とても凛々(りり)しい女性だと思いました」と役へのイメージを語る。

 言葉数も少なく、あまり感情を表に出さない役。語らずとも思いをにじみ出させるためには「とにかく剣心への思いや、(許嫁である)清里への気持ちを積み重ねるしかない」と丁寧に感情と向き合った。そこで大きな助けとなったのが、佐藤の現場での居ずまい。「剣心が、とても寂しい背中、孤独漂う佇まいでいてくれたので、自然と巴の気持ちに入り込めました」と感謝する。

 目に見える部分では、話し方や瞬きの回数、カラーコンタクトによる目の色味などにもこだわった。さらに巴の抱える心情的なところから、大友監督からは「頬がこける感じで」というオーダーももらった。「できる範囲で体重も絞りました」と可能な限りの準備はすべて行った。

■一緒に仕事をした人の期待を裏切りたくない

 過去の作品でも、有村の役柄に向き合う真摯(しんし)な姿勢は、多くの製作陣から高い評価を受けている。そこには彼女の女優という仕事に対する思いが垣間見える。「『次はどういう芝居を見せてくれるんだ』と常に自分たちは試されていると思っています」と語ると、本作の大友監督との再会も大きな刺激になったようだ。

 「以前ご一緒した『3月のライオン』では、出演シーンは少なかったのですが、監督と一緒にキャラクターを作るという作業をさせてもらいました。すごく俳優に寄り添ってくださる監督という印象があったので、そんな大友監督がとても大事にしている作品に、私を信じてお声をかけてくださったというのは本当に感無量でした」と心情を吐露する。

 だからこそ「絶対に『有村架純を呼んで良かった』と思ってもらいたい。承認欲求みたいなものかもしれませんが、一緒に仕事をした方々の期待を裏切りたくないという思いは常に心のなかにあるんです」と強い視線で語る。

 インタビュー終了後「言葉がうまく出ずにすみません」と謝罪していた有村。これまでさまざまな役を演じ、数々の取材を受けてきた有村が、一言一言熟考しながら言葉を紡ぐ姿に、巴という役の重さを感じた。出来上がった作品を観たとき「自分が出演しているにも関わらず、胸が締め付けられる思いでした」と話していた有村の言葉が、作品の持つ重みを物語っている。(取材・文:磯部正和 写真:ヨシダヤスシ)

 映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は6月4日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介