空から青年が不時着? 初恋が芽生える瞬間を捉えた『ブルーヘブンを君に』本編映像解禁

映画
映画『ブルーヘブンを君に』
映画『ブルーヘブンを君に』場面写真 (C)2020「ブルーヘブンを君に」製作委員会

 歌手の由紀さおりが主演する映画『ブルーヘブンを君に』より、若かりし日の主人公の初恋が芽生える瞬間を捉えた本編映像が解禁された。

 本作は、不可能の代名詞といわれた「青いバラ」を品種改良により生み出した実在のバラ育種家の女性をモデルに、いくつになっても夢を諦めない人生の素晴らしさを描く。「夜明けのスキャット」でデビューしてから2019年に50年を迎え、コンサートツアー、ひとり芝居など、今なお精力的に活動する由紀の映画初主演作となる。

 共演に、BOYS AND MENのメンバーとして俳優業にバラエティーにとマルチな活躍をみせる小林豊と本田剛文、『ここは退屈迎えに来て』『無頼』『ゾッキ』など話題作への出演が続く柳ゆり菜。さらに、大和田獏、寺脇康文など実力派俳優陣が脇を固める。監督は、本作が映画監督3本目となる秦建日子。『アンフェア』シリーズや『サイレント・トーキョー』の原作などを手掛け、小説家としても活躍する秦自身が描くオリジナルストーリーだ。

 残り半年の余命宣告を受けた青いバラの生みの親・冬子が、2人の孫とその友人を巻き込みハンググライダーで空を飛ぶという夢にチャレンジする本作。今回解禁されたのは、16歳の頃の冬子の初恋が芽生える場面を収めた本編映像。

 植物や園芸に夢中な高校生の冬子はある日、揖斐川沿いを自転車で走っていると、目の前に突然、同世代の青年・鷹野が空から降ってくる。鷹野はハングライダーの練習中に失敗して墜落し、冬子を巻き込んでしまったのだった。「大丈夫ですか」と駆け寄ってきた冬子が、足をケガしていることに気づいた鷹野は「血が出てる。ごめん、おれのせいで」と言って優しく手当をする。この突然の出逢いから冬子の初恋が始まり、ふたりの距離は次第に近づいていく。由紀演じる冬子が長い時を経ても大切に思い、心のよりどころとしている初恋エピソードとなっている。

 16歳の冬子を演じたのは、小池里奈。小池は10歳の時実写ドラマ『美少女戦士セーラームーン』でデビューし美少女アイドルとして活躍。その後海外留学も含む2年の休業を経て復帰し、今年はドラマ『ナイルパーチの女子会』(BSテレ東)で5年ぶりとなるレギュラー出演を果たした。6年ぶりの映画出演となる本作では、美しい青空に思いを馳せる鷹野に淡い恋心を抱く少女を瑞々しく演じている。

 そして、鷹野役は中田圭祐。中田はドラマ『花より男子』の続編『花のち晴れ~花男 Next Season~』にて、英徳学園高等部の中心グループ“C5”の肉体派メンバー・栄美杉丸役を演じ注目を集めたほか、『MEN’S NON‐NO』専属モデルとしても活躍する若手イケメン俳優だ。本作では、ハンググライダーに魅了され、大空を飛ぶことに思いを馳せる若き青年を熱演している。

 映画『ブルーヘブンを君に』は6月11日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介