『扶揺』『原始的な彼女』でブレイク! “ディリラバに次ぐ大型新人”ジャン・ヤーチンの魅力とは

海外ドラマ
『紅蓮伝~失われた秘宝と永遠の愛~』場面写真
『紅蓮伝~失われた秘宝と永遠の愛~』ヒロイン・蘇雲落(そうんらく)を演じる人気若手女優ジャン・ヤーチン (C)Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

 日本でも話題になったドラマ『陳情令』、『扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~』の制作会社が手がけたアクション・ラブ史劇『紅蓮伝~失われた秘宝と永遠の愛~』。本作のヒロイン・蘇雲落(そうんらく)を演じるのは、『扶揺』、『原始的な彼女』で人気急上昇中の若手女優ジャン・ヤーチン(張雅欽)だ。キュートな容貌ながら凄腕の武術で戦い、強い意志で人生を切り拓いていくヒロインを見事に演じ、女優としての評価を高めた彼女の素顔と魅力に迫りたい。

■ 『扶揺』で存在感を発揮! 期待の大型新人

 清純な容貌はひときわ目を引く可愛らしさで、素顔はハキハキとして飾らない性格。ダンスが得意でギターの弾き語り動画をSNSにアップするなど、多彩な魅力と才能を持つジャン・ヤーチン。彼女は2018年の大ヒットドラマ『扶揺』でガオ・ウェイグァンの相手役を演じてたちまち視聴者の注目を浴びた。彼女が演じたお姫様・雅蘭珠は堅物の将軍を一途に追いかけ献身的な愛を捧げる役どころ。

 同作の主演ヤン・ミーは俳優の育成とマネージメントにも力を注いでいるが、ジャン・ヤーチンは彼女がディリラバに続いてプッシュする新人として一気に人気を獲得した。そして、2020年に『原始的な彼女』に続いて『紅蓮伝』の蘇雲落を演じて評価を高めた彼女は、現在ますますファンが急増中だ。

■ 男装から美しいヒロインに変身するサプライズ

 『紅蓮伝』の物語はあるお宝を奪還するミッションで腕に覚えのある武芸者たちが集められるところから始まる。その一人、飛寇児(ひこうじ)はどんな物でも手に入れられるという盗みのプロ。だが、その正体は汚名を着せられた師匠を救おうと冒険を続ける蘇雲落だった。そんなヒロインを演じるジャン・ヤーチンは冒頭のエピソードでは、誰もが見ても男性だと思う姿をした飛寇児として登場。実はヒロインは顔を変える術で男性になりすましているという設定で、やがて本来の蘇雲落としての美しい姿を現すことになる。

 この飛寇児を演じるのにジャン・ヤーチンは毎回4時間半もかけて特殊メイクを施していたとのこと。本人も「自分とはまるで別人」と評する飛寇児になりきった役作りはあっぱれ。彼女が劇中で目を見張る変身を遂げるサプライズは本国でも大きな反響を呼んだ。

■ 波乱万丈な恋は切なくドラマティック!

 蘇雲落は凄腕の武術を持ち、空を飛び宙を舞い迫力のアクションを披露する。ジャン・ヤーチンによれば本格的なアクションを演じるのは本作が初めてだったというが、新しい体験にワクワクしながら挑戦したというからさすが。短剣が蜘蛛の糸のように変幻自在に変わる“一寸相思”という名の武器を使って、さまざまな敵を相手に見事な戦いぶりを見せるヒロインの姿は、凛々しくてカッコいい。

 また、蘇雲落は自分の信じる道を進む意志と正義感の強い女性。ジャン・ヤオが演じるかつて自分が助けた医者の左卿辞(さけいじ)と運命的に再会し恋に落ちていくものの、己の信念を貫くために彼を突き放したり傷つけたりしてしまう。そんなふうに強さの中にも弱さも隠している蘇雲落の恋は波乱万丈な展開に。彼女の純粋すぎる愛を描いた切ない感動のラブストーリーに、大きく心を揺さぶられてしまうはずだ。

 『紅蓮伝~失われた秘宝と永遠の愛~』DVD発売&レンタル中。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介