過酷すぎる撮影に毒物混入騒ぎも! 『タイタニック』はいかに狂った映画だったか<後編>

映画
映画『タイタニック』(1997)
映画『タイタニック』(1997)より 沈没シーンも苦労の連続!  写真提供:AFLO

 製作費240億円を投じた大スペクタクル映画『タイタニック』。今夜放送される金曜ロードショーの後編では、いよいよ豪華客船が沈没する様子が描かれる。ジェームズ・キャメロン監督がこだわり抜いた本作は、沈没シーンも苦労の連続。さらに、公開前のマスコミによる猛バッシングから大ヒット達成まで、最後まで波乱万丈だった名作が残した、驚きのエピソードの数々をお届けしたい。

●超過酷な撮影現場 ついに毒物混入騒動がぼっ発

 豪華客船の海難事故を描く作品だけあって、その撮影現場は超過酷。エキストラを含む大勢の人々が、巨大プールで何時間も水に浸かる撮影が続く中、防水メイクがプール内の化学物質によって洗い流されてしまい、常に修正しなければならなかった。さらにローズ役のケイト・ウィンスレットはダウンしてしまい、多くのキャストやクルーも風邪やインフルエンザ、低体温症を訴えた。そんな過酷極まる現場に加えて、撮影現場での厳しすぎるキャメロン監督に嫌気がさしたのか、クルーの誰かが食事に毒物を混入する騒ぎまで発生。キャメロン監督はすぐに吐き出して事なきを得たが、50人以上が病院に搬送される事態となった。

●クライマックスの沈没シーンの裏側(1)

 前半のラブストーリー展開から氷山との衝突を経て、『タイタニック』はパニック映画へと変貌。そんな本作最大の見どころでもあるクライマックスの沈没シーンには、150人のエキストラ、100人のスタントマンが動員され、さらにスタッフの知恵と努力、そして最新技術が詰め込まれた。

 いよいよ大パニックとなった船上から、人々が海へと落下していくさまが印象的だが、セットを浮かべた巨大タンクの深さは実は90センチ程度しかなく、船に面した数メートルの部分だけが深くなっていた。スタントマンたちは約20メートルの高さから、そこにめがけて果敢にダイブしたわけだ。落下した人は、すぐ次の人が上か降ってくるため、急いでその場から離れなければならない。実は海に浮かべた救命胴衣や瓦礫(がれき)は、浅くなっているところの目印になっていたという。優秀なスタントマンたちのチームワークによって、迫真のシーンに仕上がっているのだ。

●クライマックスの沈没シーンの裏側(2)

 安全には十分配慮した撮影現場だったが、沈む直前に船が90度に傾くシーンでは、ついにスタントマンが骨折するアクシデントが発生。そこでキャメロン監督は、あまりに危険なスタントはCG人間の“デジタルスタントマン”を使うことにした。仕組みとしては、別の場所で特殊なマーカーを身につけたスタントマンが落下する姿を撮影し、動きのデータをコンピューターに取り込む。そして、その動きを反映したデジタルスタントマンを作成し、編集段階で映像に合成するというものだ。撮影現場では、本番に動きの目安としてトイレットペーパーを落下させ、その映像に上書きする形でデジタルスタントマンが合成された。今や当たり前になったこの手法だが、当時はまだ非常に珍しく、おかげで生きている人間には到底できないスタントも可能になった。

●船が真っ二つに折れる圧巻のシーン

 船首からの浸水によって、船尾が持ち上がったタイタニック号は、その重さに船体が耐えられず、ついに真っ二つに折れてしまう。まさにキャメロン監督ならではの、圧巻のスペクタクルシーンなのだが、撮影以前、タイタニック号は折れずに沈んでいき、海中で2つに分かれたと考えられていた。キャメロン監督は、この“海上で船が二つに折れた”という新説を、劇中のCGシミュレーションとあわせて2回も披露。本作で大々的に提唱したというわけだ。

 その後レーダーなどのテクノロジーが進化した現在、船の中央部分が遠く離れたところで発見され、海底のタイタニック号は海底で3つに分かれていることがわかっている。キャメロン監督は映画で描いたことは誤りだったと認めているが、当時は中央部が存在していたこと自体が知られていなかった。タイタニック号が世界中の注目を集めたのは、まさにこの作品のおかげ。だからこそ、未だに新たな発見が報告されているのである。

●キャメロン監督、まさかのノーギャラ!?

 2億ドル(約240億円)という金額を費やした本作。キャメロン監督は、予算を倹約するためにさまざまな工夫を凝らし、幾度となく20世紀フォックスの幹部とコストを抑える方法を話し合った。それでもオーバーしていく予算に責任を感じたキャメロン監督は、監督としてのギャラだけでなく、映画がヒットした場合に受け取る歩合の権利までも放棄している。実のところキャメロン監督は本作の脚本も務めているため、脚本料は支払われているのだが、監督としてのギャラはほぼなし。“何が何でも映画を完成させる”という信念のもと、狂気ともいえる執念で映画を完成させたのだった。

 ところで、本物のタイタニック号の建造費は、1912年当時で150万ポンド。映画『タイタニック』が公開された1997年では約1億2000万~5000万ドルに相当する金額となり、2億ドルかかった本作は、あの絢爛(けんらん)豪華な世紀の豪華客船よりも高くついたことになる。

●公開前の尋常じゃないバッシング

 今でこそ映画史を塗り替えた大ヒット作であるが、公開前、特にアメリカのマスコミからさんざんなバッシングを受けた作品でもある。膨れ上がった予算はオーバーに書き立てられ、撮影中のトラブルの数々、撮影スケジュールの延長、そして夏から冬への公開延期。それらのネガティブな情報が大々的に報じられた。映画『タイタニック』は歴史的大傑作どころか、史実通りの“沈みゆく船”と揶揄(やゆ)され、歴史的大コケ映画になると見られていたのである。

●空前の大ヒット

 そんな中、ようやく映画が完成。記念すべき初公開は、否定的な空気感がまん延するアメリカではなく、日本の東京国際映画祭と英国王室の試写会で初披露された。その戦略が奏功し、肯定的なレビューがアメリカへ届いたことで映画への評価は一変する。そしてついに公開を迎えた映画『タイタニック』は、初登場1位で興行をスタートした。

 3時間14分という長尺作品のため、劇場での1日の上映時間が少なくなるにもかかわらず、次々と過去の興行記録を破る最高のスタートを飾り、映画史上初めて世界興収10億ドルを突破。同じキャメロン監督の『アバター』(2009)に抜かれるまで、12年間にわたり世界興収1位の座を守り続けた。そして初登場から全米16週連続興行収入1位という記録はいまだ破られていない大記録である。そしてここ日本でも社会現象となる大ヒットを記録し、興行収入262億円という大記録を打ち立て、実写映画No.1の座をいまだに守り続けている。

●主題歌『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』誕生秘話

 世界中で大ヒットを記録した本作だが、映画のサウンドトラックも大ヒットした。作曲は数々の映画音楽を手掛ける巨匠ジェームズ・ホーナー。のちにキャメロン監督の『アバター』も手掛けたが、残念ながら2015年に帰らぬ人となった。

 本作とともに世界中で大ヒットした主題歌が、セリーヌ・ディオンが歌う『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』。この主題歌が作品を大ヒットに導いた要因であることは、今や疑う余地もないだろう。だが、実はキャメロン監督が最初から望んでいたものではなかった。ホーナーは、本作を象徴する曲のフレーズからイマジネーションを広げていき、ある日“これは歌にできる”と思いついた。しかし、キャメロン監督は自分の映画に主題歌をつけることを毛嫌いしていたため、ホーナーは監督に内緒で主題歌の作成に取り組む。とりあえず詞を完成し、ラスベガスで公演中のセリーヌに持ち込んだ。セリーヌ自身もあまり乗り気ではなかったが、夫の説得により歌声を収録。そのテープを受け取ったホーナーは、キャメロン監督が機嫌のいい日を伺い、ついに聞かせることに成功。「最高だ」という言葉を引き出したのだった。

 巨額の予算をかけ、キャメロン監督の執念で完成させた映画『タイタニック』。新しい技術を常に取り入れ、“莫大な予算をかけた壮大なドラマ”という作家性を貫いた本作は、公開から24年近くを経た今もなお、新鮮な驚きと感動を与えてくれる。贅(ぜい)を尽くした豪華客船タイタニック号は、さまざまな不運と人間の過信によって、明日を迎えることなく海の底に沈んだ。どんなに富を持っていても、明日にはいきなり失うかもしれない。今夜放送の後編では、キャメロン監督こん身の沈没シーンに注目するとともに、「大切なのは何が起こるかわからない明日を一日一日大切に生きること」という、作品に込められたメッセージを感じてほしい。(文・稲生稔)

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介