躍進する松坂桃李、休日は家でダラダラしたい 本音は「週休2日制」

エンタメ
ドラマ『あのときキスしておけば』松坂桃李インタビュー
ドラマ『あのときキスしておけば』松坂桃李インタビューカット  クランクイン! 撮影:松林満美

 映画、ドラマ、舞台と順調にキャリアを重ね、剛も柔も、どんな役にも染まれる実績を残してきた松坂桃李。その勢いは今年も加速しており、いまも、ドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について』(NHK総合/毎週土曜21時)に続いて、大注目の入れ替わりドラマ『あのときキスしておけば』がスタートしたところだ。主人公・桃地のぞむのポンコツにして心優しい、漫画オタクを好演し、劇中に登場する漫画のアテレコへの芸達者ぶりにも驚きと称賛が集まっている。そんな快調な松坂に取材すると、いま求めているのは「週休2日制」と本音がポロリ。

■ 憧れの漫画家、井上雄彦や尾田栄一郎が女性だったら!?

 恋愛ドラマの名手として知られる脚本家・大石静が手がける、入れ替わりラブストーリー『あのときキスしておけば』。大好きな漫画の作者であり、友達以上恋人未満な関係を築き始めていた女性・巴(麻生久美子)が、見知らぬおじさん(オジ巴:井浦新)と中身が入れ替わってしまったことを知る桃地を、松坂はナチュラルに演じている。

 「1話で、ずっと憧れていた、大好きな漫画家の先生と出会った。僕で言うなら(漫画『スラムダンク』作者の)井上雄彦さんか(漫画『ONE PIECE』作者の)尾田栄一郎さんと出会ったようなものです。その上、なんと正体は女性だった。しかも飛び切り美人の! そこから2人の関係が始まって、憧れで占められていた好きから、だんだん恋愛感情としての好きに、変わるか変わらないかのタイミングで、入れ替わりが起きてしまった」と、これまでを振り返る。

■ “ギャップ”が恋に落ちる条件 「人が人に興味が沸く瞬間だと思う」

 オジ巴への入れ替わりを認められるはずもなく、気持ちもストップしていた桃地だったが、2話のラストでオジ巴を受け入れることに。

 「あんなに強かった巴さんが、2話の終わりで号泣しましたよね。モノローグでも入りましたが、出会ってからずっと強気だった巴さんの弱さを初めて見た。そんな知らなかった一面、知らなかった彼女の魅力を、桃地は、本当に少しずつ知っていくんです。オジ巴を通してですけど(苦笑)」。

 恋愛に落ちる条件として、いわゆる昔から言われる“ギャップ”。これは大きいと松坂も話す。

 「大きいですよね。でも恋愛云々関係なしに、ギャップを目にすることって、人が人に興味が沸く瞬間だと思うんです。『こんな一面知らなかったな』『もっと知りたいな』とつながっていく。そんな知らなかった一面、知らなかった彼女の魅力を、桃地の場合、自分だけが知っているという秘密を抱えているのも大きいですね」。

■ ドラマに救われた学生時代 自分と同じように凹むキャラクターたちに「勇気づけられました」

 さて、巴(蟹釜ジョー)の漫画『SEIKAの空』は、桃地にとって「自分を救ってくれた」存在だった。いまも続くコロナ禍だが、この期間を通して、エンターテインメントが人の心に与える、救いの手となる大きな役割を担っていることを痛感した人は多い。松坂も、エンタメには、昔から救われてきたと述懐する。
 
 「学生時代は、特に救ってもらいました。ドラマ『Stand Up!!』(TBS系)とか『木更津キャッツアイ』(同系)とか、登場人物たちがとても魅力的で、自分が凹んでいるときに、キャラクターたちも凹んだり頑張ったりしている姿を見ると、自分と一緒な気がして、すごく勇気づけられました」。

■ 切望するのはお休み!?「家でご飯を食べられる時間があれば頑張れます」

 松坂演じる桃地は『SEIKAの空』を読むと、それだけで「1週間、生きていける」と話す。デビュー当時から変わることなく、常にフラットで穏やかな姿勢を保ちながら、誰もが認める仕事を生み出し続ける松坂。何があれば「1週間生きていける」のか聞いてみると、「週休2日制ですね」との答えが。半分「冗談ですよ」と添えながらも、いまの時代にあった働き方が、芸能界にも必要だと口にする。

 「休みが2日あったら5日間頑張れます。芸能界も週休2日がベストじゃないですか(笑)? 休みの日は、家でダラダラしたいです。贅沢(ぜいたく)は言わないので、家でご飯を食べられる時間があれば頑張れますね」と告白。現実には、なんでも包み隠さず話してぶつかり合えるマネージャーがいることで、いつもフラットにいられると感謝する。

 ときに、いよいよ桃地とオジ巴の物語が本格的に動き出す。

 「3話から、この作品の本当の話が始まります。これから何回も『あのときキスしておけば』という瞬間があるのですが、僕自身、最後までキスできないんじゃないかと気になっています(笑)」。松坂の心配は杞憂で終わるのか? 先の見えぬオリジナルストーリーに、桃地と一緒に翻弄(ほんろう)されよう。(取材・文:望月ふみ 写真:松林満美)

 ドラマ『あのときキスしておけば』第3話はテレビ朝日系にて5月14日23時15分放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介