中川大志、最高に“間が悪い”殺し屋に 地上波GP帯連ドラ初主演

エンタメ
【オフィシャル】【読売テレビ】ドラマ『ボクの殺意が恋をした』
ドラマ『ボクの殺意が恋をした』主人公・男虎柊役の中川大志

 俳優の中川大志が、7月スタートの日曜ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週日曜22時30分)で、地上波ゴールデン・プライム(GP)帯ドラマ初主演を務めることが発表された。中川は、ターゲットに恋してしまう(?)最高に“間が悪い”殺し屋を演じる。

 本作は、身体能力100点、ルックス100点、でも殺しの才能は0点の、最高に“間が悪い”殺し屋が、標的(ターゲット)を殺すどころか恋しちゃう(?)殺意と恋が入り混じるスリリング・ラブコメディー。中川が主人公の殺し屋・男虎柊(おのとら・しゅう)を演じる。脚本は映画『翔んで埼玉』の徳永友一ほかが担当。

 自分の育ての親が“伝説の殺し屋”とは知らない主人公・男虎柊。しかし、その“伝説の殺し屋”が何者かに殺されたことで日常が一変。育ての親のあだを討つため「殺し屋家業」を継ぐことを決意する。用意周到に暗殺ターゲットの女・鳴宮美月に近づくが、身体能力は申し分ないにもかかわらず、自らの間の悪さが災いして、殺そうとしても、どうしても殺せない。逆に、危険が迫るターゲットを守ってしまうことに…? そして暗殺ターゲットの女には、他人には言えない<ある秘密>が。果たしてターゲットの女の正体&狙いとは?

 中川は初めての地上波GP帯ドラマ主演に、「『いつかゴールデンタイムで主演をやりたい』という想いは、この仕事に出会った小学生の頃から、1つの目標として持ち続けてきました。今このタイミングで、新しいステップにチャレンジ出来る事を感謝しています。ここまで、自分の引き出しに何を入れられてきたかは分かりませんが、片っ端から開けて挑んでみたいと思います」と意気込む。

 役どころについては「“殺意”と“恋”を共存させるという難しいチャレンジを成立させる為には、柊というキャラクターをどう育てていけば良いか、嬉しい悲鳴をあげながら、台本と向き合っています。殺したいのに肝心なところでヘマしてしまう間の悪さ、しまいにはターゲットに心惹かれてしまうピュアさを大切に、視聴者の皆さんが、『こいつまたやっちゃったよ』とテレビの前で笑って呆れてくれるような、愛おしい男の子にしたいなと思っています」と話している。

 ドラマ『ボクの殺意が恋をした』は、読売テレビ・日本テレビ系にて7月より毎週日曜22時30分放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介