『レンアイ漫画家』 吉岡里帆&鈴木亮平 “ハグの練習”にネット興奮

エンタメ
【フジテレビ】木曜劇場『レンアイ漫画家』第5話
木曜劇場『レンアイ漫画家』第5話より (C)フジテレビ

 俳優の鈴木亮平が主演し、女優の吉岡里帆が共演するドラマ『レンアイ漫画家』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第5話が6日に放送。鈴木演じる刈部清一郎が吉岡演じる久遠あいこを“ハグの練習”と称して抱きしめるシーンに、視聴者から「やっぱりハグは最強」「抱きしめたい口実のハグ練サイコー」「身長差ハグたまらん」と反響が集まった。

 ある日の朝、突然あいこの姉・緒方るりこ(観月ありさ)が清一郎の家を訪れる。「同じ屋根の下で同棲、イコール結婚」という厳格な考えを持つるりこは、清一郎と暮らすあいこに、結婚する意思があるのかを尋ねる。

 返答に困るあいこを見た向後達也(片岡愛之助)は、あいこと清一郎を呼び出し、2人に疑似恋愛することを提案。拒絶するあいこと清一郎だったが、漫画のネタにもなるという向後の説得で渋々了承する。

 当初はプライドが邪魔して恋人らしく振る舞えなかったが、自身が描いた漫画『銀河天使』に登場する爽やかで優しい警察官・サカイになりきることで克服した清一郎。その夜、酒を飲み上機嫌になったるりこに「デートしてらっしゃいよ」と声をかけられ、清一郎は「ふりをするのはもう限界だった」と、あいこと共に外出する。

 そこであいこがるりこと自身の生い立ちを話し、「私にいい人ができたって本当に喜んでくれてたんだと思います」と続けると、清一郎は「それでいいのか。君の嫌いなうそだろ」と問う。あいこが「うそじゃないと安心させてあげられないんで、本当、ダメダメですね、私」と肩を落とすと、清一郎は突然、あいこを抱きしめた。

 驚くあいこに、清一郎は「ハグの...練習だ。サカイだと思え」とつぶやく。あいこはゆっくりと清一郎の背中に手を回すのだった。

 この展開にネット上の視聴者からは「やっぱりハグは最強」「あそこでハグは反則だよ~!」「ハグやば」「鈴木亮平史上のトップ」「ハグめちゃくちゃにやけちゃった」「抱きしめたい口実のハグ練サイコー」と大興奮のコメントが寄せられた。また、身長差のある鈴木と吉岡に「身長差ハグたまらん」「ハグの時の体格差たまらん」「身長差めっちゃ良かった」といった称賛の声も集まっていた。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介