“知略で戦う”新しいヒーロー像が話題に! 『紅蓮伝』“王子様ドクター”の魅力に迫る

海外ドラマ
『紅蓮伝~失われた秘宝と永遠の愛~』DVD‐SET1 & レンタルDVD Vol.1~6 5月7日(金)リリース
『紅蓮伝~失われた秘宝と永遠の愛~』主人公・左卿辞(さけいじ)を演じる新世代スター、ジャン・ヤオ(張耀) (C)Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

 『陳情令』、『扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~』の制作会社が手がけ、中国最大のレビューサイト豆瓣(Douban)の2020年上半期評価ランキングで時代劇1位となった話題作『紅蓮伝~失われた秘宝と永遠の愛~』。本作が特に注目されたのは主人公が病弱な“王子様ドクター”という異色のキャラクターで、ツンデレなヒロインとドラマティックな恋を繰り広げるところだ。今回は、そんな新しいヒーロー像というべき主人公・左卿辞(さけいじ)の魅力と、それを演じた期待の新世代スター、ジャン・ヤオ(張耀)の魅力を紹介していく。

■ 武力ではなく知略で戦う! 放浪のイケメン・ドクター

 各地を旅している医者の左卿辞は武力ではなく知略で戦うヒーロー。医術や毒に関する知識はピカイチで、それを活かしてお宝を探すミッションや朝廷の陰謀を暴く作戦を実行していく。そんな彼は仲間となるジャン・ヤーチン演じるヒロイン・蘇雲落(そうんらく)に危険な任務を任せることもあるが、それも彼女のことを信頼しているからこそ。裏では必ず彼女を助ける策を講じている頼もしいリーダーでもある。冷淡な態度を取りつつも実は仁義に厚く、心の中では蘇雲落への深い愛情を秘めているのも胸キュンポイントだ。

 また、彼がストイックな生き方をしているのは、実は名家の後継ぎという高貴な身分を隠しているから。複雑な生い立ちを抱えながら、愛する者を守り正義を貫くために戦う左卿辞の虜になる視聴者が続出した。

■ 切ない涙のシーン満載! ツンデレヒロインとのロマンスも高評価

 左卿辞が恋する蘇雲落は武術に長けたヒロイン。しかも、強い信念の持ち主で、彼女はどんな手段を使ってでも自分の恩人である師匠の病を治そうと行動する。そのため本当は左卿辞のことが気になるのに、あえて彼と敵対したり、つれない態度を取ったりすることに。それに敏感に反応する左卿辞の悲しげな表情や、彼が辛い恋のために涙を流すシーンは切なく、それでいて美しい。

 10年前に蘇雲落が左卿辞を救ったときから、2人は運命の赤い糸で結ばれた切っても切れない関係。左卿辞が蘇雲落のために全てを捧げる無償の愛は感動必至で、最後まで目が離せない。

■ 話題作に続々出演! 期待の若手スター、ジャン・ヤオ

 主演のジャン・ヤオは、20歳の時に青春ラブコメ『駆け抜けろ 1996』のオーディションで2番手の男性キャストに大抜擢され、2018年に俳優デビュー。それまで演技を学んだことはなかったにもかかわらず、一気に期待の若手俳優として頭角を現した。そして、本作の主人公・左卿辞役で繊細な演技を見せてさらに評価がアップ。今年のアカデミー賞国際長編映画賞にノミネートされた映画『少年の君』にも出演するなど、順調にキャリアを重ねている。

 さらに、今年は『駆け抜けろ 1996』のヒロインを演じたワン・ペンと共演した時代劇ラブコメディドラマ『白玉思無瑕(原題)』で、名家のドラ息子と思いきや実は仮面のヒーローとして活躍する主人公を好演。同作でも高い評価を得ており、今後日本での注目度がさらに増していくことは間違いないだろう。

 『紅蓮伝~失われた秘宝と永遠の愛~』のDVDは、本日5月7日よりリリース開始。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介