白濱亜嵐、「20代のうちに代表作がほしい」“新境地”研修医役にかける思い

エンタメ
【正式】ドラマ『泣くな研修医』(テレビ朝日系)で主演を務める白濱亜嵐
ドラマ『泣くな研修医』(テレビ朝日系)で主演を務める白濱亜嵐  クランクイン! 写真:ヨシダヤスシ

 医療ドラマ『泣くな研修医』(テレビ朝日系/毎週土曜23時)で主演を務める白濱亜嵐。本作の撮影、EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマーとしての活動、クリエイティブユニット・PKCZ(R)での楽曲製作、先々に控える発表への準備…彼の1日は、分刻みのスケジュールだ。そんな多忙な中でも、GENERATIONSメンバーに「ネアカの亜嵐くん」と呼ばれる太陽のような明るさで取材場所に現れた白濱に本作への意気込みや、近づく30代に向けたビジョンを聞いた。

■思い入れの強いドラマ枠での主演に「やってきたことは間違っていなかった」

 『泣くな研修医』は、社会に出たばかりのひよっこ研修医たちが日々奮闘する姿を追う青春群像ドラマ。白濱が演じる主人公の雨野隆治は、地方の大学医学部を卒業して上京し、都内総合病院の外科に配属となった研修医。野村周平、柄本時生、恒松祐里演じる仲間とともに医師として成長する姿が描かれる。第1話(4月24日)放送後、SNSには「いままでの役とは違って新鮮」「新しい白濱亜嵐を見られた」「亜嵐くん演技良かったし雨野もいいキャラしてる」といった反響が寄せられた。

 本作の放送枠は、昨年4月期ドラマ『M 愛すべき人がいて』、さらに前期『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』でもゲスト出演した白濱にとって特別な枠。しかも主演でのカムバックに「お話をいただいたときは、もう、めちゃくちゃうれしかったですね! 本当に『よっしゃー!』という感じで」と笑顔で喜ぶ。

 「『M』で演じた流川翔は、僕の中ではすごくチャレンジな役だったんです。それがちゃんと身になって返ってきたというか。自分のやってきたことが間違っていなかったと思えた、今回のオファーでした。チャレンジや努力はすべきだと再確認しましたね」。

 流川のほかにも、近年では映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のアンドリューや、『貴族降臨 ‐PRINCE OF LEGEND‐』のシンタロウなど、派手で明るい役柄が集まるイメージが強い。イメージ一新となる研修医の役どころに白濱は「雨野は、人を救いたいからお医者さんになりたいという真っすぐな意志を持った人物」と説明。

 「ちょうど今、新生活がスタートしたり、コロナ禍で新しい環境に不安を抱えている人もいると思います。劇中の雨野たちも新しい環境で苦労しながら頑張っているので、ドラマを見て元気になってもらえたらと思っています」と本作への思いを語りつつ、「僕のいいところをこの作品に詰めて、『白濱亜嵐、いい人なんだなぁ』って好感度も上げたいです」と茶目っ気たっぷりに笑った。

■俳優を辞めたいと思った過去も…LDH先輩の助けに感謝

 雨野が研修医として右も左も分からず、失敗を重ね、悔し涙を流しながらも仲間と成長をする様子が描かれる本作。

 「研修医を演じるにあたって『自分の駆け出しの頃ってどんな感じだったかな?』って振り返りました。デビュー前の“夢者修行”のとき、ショッピングモールで踊ったとき、デビューしたてのとき…いろいろなときを思い出しました。僕の人生の中には、都度、研修医みたいな瞬間があったなって」。さらに、「俳優としても研修医みたいな時期もちろんありました」と続ける。

 「昔、劇団EXILEにいたときは、舞台をやっていたんです。でも全然お芝居ができなくて、演出家さんに滅茶苦茶怒られたことも…(苦笑)。そのときは『俳優、やめようかな』と思いましたね」。しかし、俳優業を続けてこられたのは、本作で演じる雨野のように周りの助けがあったからだと明かす。

 「青柳(翔)さんや先輩たちが、稽古が終わった後に『ちょっと事務所で練習するか』と誘ってくれたんです。深夜から次の日の朝まで付き合ってくれて、アドバイスもくれたりして…。それが続けられた要因だとすごく思っています。そのときに楽しいなって、本当に思えたから」。

■役者業で一番の目標「20代のうちに、“白濱亜嵐の代表作”と呼べる作品ができれば」

 くじけそうになった過去も乗り越え、経験を糧に今がある。「改めて、土曜ナイトドラマという、すごくありがたい枠で主演ができることは、またひとつレベルアップできたことでもあるのかなと思っているんです」と、熱っぽい口調で話す白濱は、思わぬ本音も口にした。

 「僕はアーティストとはいえ、メンバー(GENERATIONS)の中でも一番演技をする機会をいただいています。なので、この作品をすごく多くの人に見てもらいたいですし、オブラートに包まず言えば、正直、当てたい気持ちもあります。今27歳ですし、20代のうちに、『白濱亜嵐の代表作』と呼べる作品ができれば。役者業の中での一番の目標です」。

 所属する事務所では、かつては先輩の背中を必死に追いかけてきた白濱も、気づけば後輩に憧れられる、いわば中堅としてのポジションを築きつつある。近づく30代に向けての方向性を聞くと、「『この作品に出て』と言われたらちゃんと演じられて、『こういう曲をつくって』と言われたら求められている楽曲をつくれるとか…何でも任せられるような存在になりたいです」と答えた。

 続けて「計画的ではなく、感覚でやっていくタイプなので、これからも楽しいと思えることをやり続けていきたい」と目を輝かせる。プレイヤーとしてもクリエイターとしても才能が開花し始めた今、白濱の可能性は未知数だ。(取材・文:赤山恭子 写真:ヨシダヤスシ)

 ドラマ『泣くな研修医』は、テレビ朝日系にて毎週土曜23時放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介