『ストレンジャー・シングス』ジョー・キーリー、ツイッターのハッキング被害に遭い心境の変化

映画
映画『スプリー』ジョー・キーリー
映画『スプリー』リモートでインタビューに答えるジョー・キーリー (C) 2020 Spree Film Holdings, LLC. All Rights Reserved.

 Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で大ブレイクしたジョー・キーリーが主演するジェットコースタースリラー『スプリー』が、いよいよ日本で公開される。ジョーが演じたのは、SNSをバズらせるために凶行に及ぶ、モラルも常識も吹っ飛んだフォロワー至上主義の青年カート。映画のカートほどではないが、現実でもZ世代のスマホ依存によるメンタルヘルスの不調や、過激動画の投稿や迷惑行為が問題視されることがしばしば。ジョー自身は、昨年SNSのアカウントがハッキング被害に遭い、私生活の出来事と今回の作品を通してSNSとの向き合い方を見直したという。そんな彼に、サイコな殺人鬼役に挑んだ心境と、SNSとの距離の取り方について考えを語ってもらった。

◆ドラマの愛されキャラから一転、サイコな演技で新境地

 ライドシェアアプリのドライバーとして働くカート・カンクルは、SNS時代の成功者とも言えるインフルエンサーになりたくて仕方がない青年。何をしてもパッとしない彼は、バズらせるために「ザ・レッスン」とタイトルを付けて乗客を殺害する様子を生配信することを思いつく。

 本作に惹(ひ)かれた理由を「脚本を読んだとき、客の男がカートに差し出された水を毒入りと知らずに飲んだところでヤバイと思った。他の作品と違うものを感じたんだ」というジョー。「カートはSNSと社会への理解が狂っているところがあって、自分にはたくさんのフォロワーがいるべきなんだと思い込んでいる。そこが面白かった」と作品の魅力を語る。

 人気ドラマで自身が演じる役とは180度違うキャラクターに、衝撃を受けるファンも少なくないだろうが、演じるうえでは「大きなチャレンジだったし、恐くもあった。でもうまくやれば、ユーモアも入れられると思ったんだ」と明かす。

 カートはいわばサイコな連続殺人鬼だが、共感できる部分もあったようだ。「例えば、自分は何か足りないんじゃないかっていう不安な気持ちは分かる気がするし、彼は常に承認欲求というものが根深くある。そういうところはわからなくもない」。ただし「ダークな部分は全然共感できなかったから、演じるのは難しかった」とも話す。

 初めての映画主演であることに加え、劇中の90%に出ずっぱりというプレッシャー。撮影前には劇中のカートさながら、監督と50本のミニ動画を作成してみるなど、入念な準備を行った。ライブカメラに向かって一人で話すシーンも多く、ほぼ一人舞台とも言える本作での撮影は「今までとは全く違う経験」だったと語り、スクリーンで見せるジョーの新境地にぜひ注目してほしい。

◆昨年、自身のツイッターがハッキングの被害に

 加熱するフォロワー至上主義へのアンチテーゼと言える本作だが、ジョー自身はSNSに対して、冷静な立場を取っているようだ。昨年は、自身のツイッターがハッキング被害にあったが、それも、普段は活発でない彼のアカウントから、行き過ぎた内容が頻回に投稿されることをファンが心配し、被害が発覚したという。

 この事件後、SNSに対するスタンスに変化はあったかと尋ねると、「ハッキングされたことと、この作品に出演したことで、実は自分とSNSの関係を見直すことになった。SNSは簡単に依存してしまうし、そう指摘されると、そんなことないと否定してしまうけど、毎日チェックしたりする人が多いんじゃないかと思う。もちろんこれは人によって違うけど、僕の場合は、SNSをしていることで少しずつ毒されてしまっていると思い始めたんだ」。

 そこで、一時離れてみることにしたという。「距離を置いた結果、SNSをしていることで、人と比較したり、自分は不十分じゃないかと思ったり、そんなことを考えていたかもしれないなと改めて気が付いたよ」。以来、SNSから離れる期間を設けるようにしているという。

 「ポイントは、健康的なバランスをどう取るか。この先なくなるものではないし、僕らの人生の一部になってしまっているから、どうやって使っていくか、健康的な自分なりのバランスというものを見つけていかなくてはいけないと思う」と指摘する。ジョーはあくまで、人と同じ方法ではなく、「自分にとって」という視点を崩さない。

 莫大なフォロワー数を誇るセレブも多いなか、ジョーの場合、最初は友人50人くらいで、「誰が一番ウケるジョークを言えるか」といったSNSの使い方をしていたそう。しかし、フォロワー数はぐんぐん増え、今やインスタグラムでは700万人に迫る勢い。そのことについては、「特に『ストレンジャー・シングス』という注目作に出演していることで、たくさんの人が見るようになり、責任を持って使わなくてはいけないと思っている」としつつ、それでも、始めた当初のように、どこか軽くて楽しいおかしなものでありたいと、現在の考えを明かした。

◆尊敬する役者は「全く違うさまざまな役を演じられる役者」

 『ストレンジャー・シングス』では、カッコ良くて頼りになるのに、女の子にはフラれてばかりという愛されキャラ、スティーヴを演じているジョー。本作ではあのカリスマティックなヘアスタイルを封印し、全く違う風貌でファンやメディアをザワつかせた。これはまさに狙い通りだったという。

 「僕が尊敬するのは全く違うさまざまな役を演じられる役者。彼らが作品ごとに変身する姿にワクワクさせられるんだ。だから、これは僕なりの一つの挑戦」と語る。世界中が熱中する人気ドラマに出演し、自身に向けられる視線も熱を帯びる中、等身大の自分を冷静に見つめているジョー。これからの活躍が楽しみだ。(取材・文:寺井多恵)

 映画『スプリー』は4月23日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介