『おちょやん』新キャラ“灯子”小西はる 「小西真奈美そっくり」と話題に

エンタメ
『おちょやん』第93回より
鶴亀新喜劇の新メンバー・朝日奈灯子を演じた小西はる 『おちょやん』第93回より

 杉咲花が主演を務めるNHK連続テレビ小説『おちょやん』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」(第93回)が14日に放送され、鶴亀新喜劇の新たな座員として朝日奈灯子(小西はる)が登場した。

 一平(成田凌)は、二代目・天海天海として新劇団「鶴亀新喜劇」の座長に就任する。時を同じくして、家庭劇以外から3人の役者が新たな座員として新劇団に参加することに。

 亡くなった万太郎(板尾創路)の一座に所属していた須賀廼家万歳(藤山扇治郎)と須賀廼家千兵衛(竹本真之)は戦争中に従軍しており、家庭劇の面々への敵意を隠さない様子。対して鶴亀歌劇団からやってきた女性座員・朝日奈灯子は、千代たちに丁寧なあいさつをする。新キャラクター・灯子が登場すると、ネット上には「めっちゃかわいい」「きれいな人だな」などの声が集まり、さらに演じる小西はるについても「小西真奈美に激似!」「小西真奈美そっくり」といった投稿が相次いだ。

 そんな灯子は千代と一平に、終戦直後に福富楽器店の跡地で上演された家庭劇の芝居を鑑賞していたことや、戦争で家族を亡くし孤独の身であることを告白。さらに自ら志願して鶴亀新喜劇に参加したことを明かす。灯子は真剣な表情で「座長…鶴亀新喜劇、なくさんといてください…やっとできた私の居場所です…ここで頑張らしてください」と訴える。そんな灯子を、一平は同情するようなまなざしで見つめる。

 この展開に、ネット上には「灯子を見る一平の目がすごく優しかった」などのコメントが寄せられ、さらに「灯子ちゃんがめちゃくちゃ良い子でそれが逆におっかない」「不穏だ…」「なんかこの展開ザワザワする」といった、一平と灯子の仲を心配する投稿も多数寄せられた。

 灯子役の小西は2000年生まれで、大阪出身の現在20歳。これまで大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK総合)やドラマ『G線上のあなたと私』(TBS系)に出演したほか、数々の舞台にも出演しキャリアを重ねている。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介