作品にタブーはなし! 製作170本以上のホラー界名プロデューサー、ジェイソン・ブラムに話を聞いた

映画
ジェイソン・ブラム
ブラムハウス・プロダクションズの創設者ジェイソン・ブラム

 観たい映画をスターや監督で選ぶことは多いが、その名前だけで面白そう! と期待させるプロデューサーは少ない。そんな昨今、既に170本以上の作品を手掛け、多くのヒット作を出しているジェイソン・ブラムは最も信頼できるプロデューサーのひとりだ。

 彼が率いる製作会社はズバリ、ブラムハウス・プロダクションズ。社名にピンとこなくても、話題作を観に行くと必ず冒頭に流れる、幽霊屋敷と不気味な少女のイメージ映像をご記憶の方は多いだろう。
 
 ブラムハウス・プロダクションズは2000年創立の中堅。1万5000ドルの低予算映画『パラノーマル・アクティビティ』(2007)を世界興収約2億ドルの大ヒットに導いて注目され、製作費は抑えつつアイデア勝負で光る作品を連発。現代の幽霊屋敷映画『インシディアス』(2010)や戒厳令アクション『パージ』(2013)シリーズも大成功。文字通り、21世紀のホラー界を牽引し続ける功労者である。

 ほかにも、低迷するM・ナイト・シャマラン監督をスリラー『ヴィジット』(2015)で再起させ、映画界では無名新人だったジョーダン・ピール監督の『ゲット・アウト』(2017)を筆頭に、『セッション』(2014)、『ブラック・クランズマン』(2018)とアカデミー賞候補作を3本プロデュース。2017年にはTIME誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれた。

 そんなブラムハウスが贈る新作は、凶悪な連続殺人鬼と悩み多き女子高生の体が入れ替わってしまう『ザ・スイッチ』(2020)。スリルと恐怖、笑いと感動を詰め込み、当然ながら全米興行ランキング初登場第1位のヒットとなった。「監督はクリストファー・ランドン。ホラー・コメディの第一人者だ」とブラムは自信満々。「彼とは何度も組んだが、とてもユニークな才能の持ち主なんだ」と絶対の信頼を置く。

◆『パラノーマル・アクティビティ』への功績を絶賛

 ランドン監督とは『パラノーマル・アクティビティ2』(2010)の脚本を任せたのが初仕事で、続けて第3作と4作の脚本も担当。スピンオフの『パラノーマル・アクティビティ 呪いの印』(2014)は、ランドン監督の長編監督デビュー作にもなった。

 「クリスは誰よりも『パラノーマル~』シリーズの世界観に関わり、創作の重要な部分を担った」とブラムは力説する。「大ヒットした1作目の監督はオーレン・ペリだが、シリーズ化に貢献したのは確実にクリスだ」と大絶賛。

 事実、『パラノーマル~』シリーズは7本も量産され、全世界の観客を戦慄させた。その仕事ぶりは「素晴らしいものだったよ」とブラムは称賛を惜しまない。

◆ファイナルカット権は監督に委ねる

 ブラムが製作した『ハッピー・デス・デイ』(2017)と続編の『ハッピー・デス・デイ2U』(2019)は、日本でも熱烈なファンを獲得したランドンの代表作。性悪ビッチな女子大生が誕生日に何度も殺されるタイムループにハマりながら、本当の自分を見つけてゆく異色の青春ホラー・コメディだ。『ザ・スイッチ』は『ハッピー・デス・デイ』に比べ、ちょっと過激な残酷描写が増えた印象だが…。

 「クリスの要望でね」とブラムは答える。「正直に言えば、ソフトなPG13指定の映画を作って欲しかった(笑)。だが、僕らは監督の創意を尊重し、ファイナルカット権を委ねる。その条件があれば、偏見を持たずに意見を聞いてくれるからね」。

 意見交換は積極的に交わすが、それを採用するかは監督に任せているという。良作を生み出し続ける背景には、才能を見極める確かな目利き力と、柔軟なプロデュース体制があるようだ。

 でも、確かな信頼関係で結ばれているランドン監督に対して、本当は不満があったりして。コッソリ聞いてみると、ブラムはちょっと考えてからひとこと「彼はもっと僕の意見を聞くべきだね」とニヤリ。お茶目な一面ものぞかせた。

◆実生活で一番怖いものは?

 数々の恐怖映画を生み出してきたブラムだが、身の回りで心霊現象の祟りは? と尋ねれば「ないよ。今のところ(笑)」と余裕たっぷり。では、実生活で一番怖いものは…?

 ブラムは即答する。「ドナルド・トランプ」と。

 一昨年に全米公開予定だった、ブラム入魂の力作『ザ・ハント』(2020)は米国公開前に起きた銃乱射事件、「リベラルな富裕層がトランプ大統領の支持者を虐殺する」という政治的な曲解、批判を受けて大炎上。トランプ大統領(当時)自身も、作品名こそ挙げなかったもののツイッターで批判して物議を醸し、一時は上映中止に追い込まれてしまった。

 「最悪だよ。風刺色は強いが、僕らはジャンル映画として宣伝した。ガチの風刺を期待して劇場にくる人はいないからね。だが、途中で横槍が入り、本来の観客層に届かなかった。今までで最高の映画になったのに!」と心底、残念そうだ。

 そんな最悪な経験をしたブラムだが、逆に製作者として最高の喜びを感じる瞬間を尋ねると「一番の喜びは完成試写だね。映画作りには長い準備と多くの対話が求められる。構想10年なんて作品もある。紆余曲折を経て完成品を観る、その瞬間が最高だな」と教えてくれた。

◆作品にタブーはなし 映画業界での葛藤も

 21世紀ホラーは人間の悪意を恐怖に変換した作品が多いが、ブラムハウスのホラーは違う。語り尽くされた古典的物語に、時流を読んだ社会風刺や時事問題を敏感に取り入れ、新しい独自のビジョンを開拓する。ブラムは「社会的なメッセージを込めることもあるよ。『ゲット・アウト』のようにね。『透明人間』(2020)でも虐待を題材にした。『ザ・スイッチ』も“あえて”言うなら、ジェンダー・アイデンティティの物語だけど、それ以上に恐くて面白い、ハラハラドキドキの映画に仕上がった。映画の枠組がある以上、主題にタブーは存在しない」ときっぱり語る。

 揺るがぬ信条がある限り、ブラム無双は続きそうだが、彼なりの葛藤もあるという。「僕が映画業界で作るのはホラーが8割で、残りの2割が別の作品だ。一方、テレビ業界では逆で、仕事のうちはホラーが2割、シリアスなドラマが8割。米国の奴隷制を取りあげたミニシリーズ『The Good Lord Bird(原題)』(2020)や、セクハラで告発されたFOXニュースの創設者、ロジャー・エイルズを描く『The Loudest Voice(原題)』(2019)も手がけている。でも、映画ではホラー以外の製作は手ごわいんだ。スティーヴ・ワンの素晴らしい脚本があるが、誰も出資してくれない」。

 映画を取り巻く環境もコロナ禍で激変した。ブラムの眼は厳しい現状をどう睨んでいるのだろう。「小品が増えたことで、内容をより吟味するようになった。ただ、最も影響を受けたのは映画館の運営だね。劇場で自作を上映したい映画人にとっても大きな痛手だ。ワクチンの開発が早く進むことを祈るよ」。

◆『ザ・スイッチ』今後の展開は?

 日本でも先日封切られ、好評を博している『ザ・スイッチ』。『ハッピー・デス・デイ』と同じ世界観とも言える雰囲気を持つ作品だが、今後、両作のユニバース的な展開はあるのだろうか。

 「クールだね! 考えたこともなかったが、何事にも絶対に可能性はない、とは言えない」と目を輝かせたブラム。21世紀ホラーのそのまた先へ。コロナ禍を越えて、更なるエンタテインメントの未来を探る辣腕プロデューサーの次なる仕事に期待したい。(取材・文:山崎圭司)

 映画『ザ・スイッチ』は公開中。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介