中国のSNSで大反響! 『花様衛士』をヒットに導いた“ラブストーリーの起承転結”とは?

海外ドラマ
『花様衛士~ロイヤル・ミッション~』DVD
『花様衛士~ロイヤル・ミッション~』アレン・レン演じる陸繹とタン・ソンユン演じる袁今夏 (C)2019 Impact Media Co.,Ltd.& H&R Century Pictures Company Limited

 昨年、中国の賞レースを賑わせ、年末に実施された中国最大のSNS、Weiboのユーザーが選ぶ「2020年ドラマ大賞」では『狼殿下(原題)』に次ぐ第2位の人気を獲得した時代劇ドラマ『花様衛士~ロイヤル・ミッション~』。SNSを中心にこれほどまでに大きな注目を集めたのは、キャストの人気や事件捜査ミステリーとしての面白さもさることながら、ラブストーリーへの評価が高かったのも大きな理由。中国の視聴者を夢中にさせた“ラブストーリーの起承転結”を現地のSNSの反響と合わせて紹介したい。

■<ラブストーリーの起>『トムとジェリー』のよう!? 凸凹コンビの誕生

 袁今夏(タン・ソンユン)は、庶民の味方として犯罪を取り締まる六扇門の捕快。事件が起これば現場に駆けつけ、残された手がかりから真相を解明し、犯人を逮捕して街の平和を守るのが務めだ。一方、秘密警察である錦衣衛の陸繹(アレン・レン)は、皇帝の指令を受けて秘密裏に行動し、強引な手段を使ってでも敵を排除し国を守るのが使命。そんな立場の違う男女がひょんなことからコンビを組んで事件捜査を行うことに。賢く愛嬌たっぷりのヒロイン・袁今夏と無愛想で冷徹なエリート・陸繹。ともすれば衝突しがちな2人がスリルたっぷりの冒険とロマンティックな恋を繰り広げる物語が走り出す。

 現地のSNSでは、この陸繹と袁今夏のコンビがまるでアニメ『トムとジェリー』のようだと話題に。まさに2人の姿は、イジワルなネコのトムと悪賢いネズミのジェリーが、“仲良くケンカ” しているかのようだ。

■<ラブストーリーの承>恋も仕事も両立させる最強のバディに!

 袁今夏は最初こそ尊大な態度の陸繹を敬遠するが、聡明な分析と大胆な策略で事件を解き明かす彼に一目置くようになる。また、陸繹も一介の捕快である袁今夏が、推理力だけでなく行動力も発揮して活躍するのを見て、自分の相棒として認めるようになる。

 さらに、陸繹がクールな仮面の下に優しい素顔を隠していること、袁今夏の笑顔の裏には逆境にめげない強い心と思いやりがあることもわかってきて、彼らの心の中には愛が芽生えていくことに。それぞれの任務をしっかり果たし、互いに信頼し合いながら、恋も仕事も頑張る2人の関係に視聴者もどんどん引き込まれていった。

 SNSでは、口数の少ない陸繹のちょっとした“目線の動き”に袁今夏への恋心が表れていると注目の的に。陸繹が袁今夏を見つめる各シーンを検証する投稿がトレンドとなり、その一つ一つに胸キュンするファンが続出した。

■<ラブストーリーの転>過去の因縁が2人を引き裂く障害に!

 こうして深く愛し合うようになる袁今夏と陸繹だったが、物語の進む先には時代劇ロマンスならではのドラマティックなターニングポイントが待ち受ける。出生の秘密や過去の因縁など、彼らの関係を引き裂く驚きの新事実が明らかとなってくるのだ。その結果、2人はそれぞれ葛藤と苦しみを抱えることになる…。

 思いがけない障害が現れる展開でも、視聴者からは「ラブストーリーの描きこみが素晴らしい」、「乙女心に火がついた!」、「甘いシーンでも泣けて、切ないシーンでも泣けて、でも、そこがイイ!」といった声が殺到。困難に直面した2人を応援する形で、視聴者の熱量も増していった。

■<ラブストーリーの結>決してあきらめない2人の愛に号泣!

 終盤は愛し合っていても引き裂かれる切ないラブストーリーが展開。それでもあきらめない袁今夏と陸繹の決断が、彼らの未来を切り拓くことに。苛酷な運命を乗り越えた彼らが愛を貫いた末に辿り着く答えとは…? スタート時から好成績で配信ランキング1位を記録していた本作だが、胸キュンと感動に満ちたエンディングに向かうにつれて、さらに再生数が上昇。主演のアレン・レンとタン・ソンユンもドラマ俳優ランキングで1位、2位を独占するなど、社会現象になった。

 現在、中国で反響の大きかった2人の“胸キュン”ラブシーン映像の一部、「月夜のキス」と「クールな指揮官の熱い告白」が公式サイトなどで公開されているので、ぜひチェックしてみてほしい。

 『花様衛士~ロイヤル・ミッション~』DVDリリース中。

エンタメ最新記事一覧