浜辺美波&まふまふが先生役で出演 高校生の片思いを表現したWebムービー公開

エンタメ
NTTドコモWEBムービー「高校1000日間の片想い」
NTTドコモWEBムービー「高校1000日間の片想い」キービジュアル

 女優の浜辺美波、長澤樹、歌手のまふまふ、俳優の奥平大兼が出演するNTTドコモのWebムービー「高校1000日間の片想い」の「女子篇」と 「男子篇」が公開された。

 本Webムービーは、多くの学生が経験する片思いがテーマ。2020年度の卒業生が過ごした“現実の3年間”の時間軸を一つのストーリーとして捉え、制作に当たっては、若い世代の共感が得られるよう300人以上の高校3年生を対象にアンケートを実施。揺れ動く気持ちやリアルな恋愛エピソードをストーリーに反映し、女子の視点の「女子篇」と男子の視点の「男子篇」の2篇を制作した。

 片思いだと思っている女子と、片思いだと思っている男子。一方を見る限りは片思いだが、2篇を併せて見ることで、実はふたりが両思いであったと分かるエモーショナルな作品となっている。

 ドコモのCMでおなじみの浜辺、そして昨年の「ドコモの学割」プロモーションで楽曲を提供したまふまふが先生役を演じるほか、奥平、長澤が高校生役で出演。映像の中で流れるテーマ曲は、大ヒット曲「紅蓮華」で知られるシンガーソングライター/作詞作曲家の草野華余子が作曲、「愛をこめて花束を」などで知られるいしわたり淳治が作詞を担当し、まふまふが男女それぞれの気持ちに寄り添うように2つの声色を使い分け、どちらも主旋律として歌い上げている。

 撮影では、先生役のまふまふは広告初出演と思えないほど落ち着いた様子で、カメラの前でどのような表情を作っていくか、また演じているキャラクターがどういう気持ちなのかを監督と積極的に打ち合わせ、真剣に、そして全力で演技に打ち込んでいた。

 NTTドコモのWebムービー「高校1000日間の片想い」女子篇、男子篇は公開中。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介