【バイプレイヤーズ百名鑑】浜野謙太「バイプレばかりの現場はしのぎを削る感じでしんどかった」

エンタメ
『バイプレイヤーズ』シリーズ新プロジェクト
『バイプレイヤーズ』シリーズ新プロジェクトに出演する浜野謙太 (C)「バイプレイヤーズ2021」製作委員会/(C)2021「映画 バイプレイヤーズ」製作委員会

 日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)と、映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』(4月9日公開)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

◆File No.055 浜野謙太

 都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺ぴな撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動を描く新作。第8話で浜野は、医療ドラマ『ドクターZ・5』に出演する、映画やドラマでよく見るが、本職はミュージシャンの“浜野謙太”役を演じた。

 松居大悟監督にシーズン1の時から「このドラマが好きだとチクチク言っていた」という浜野。今回初出演となり「念願かなって嬉しくてもう仕事とかじゃなかったです」と喜びを爆発。現場では「普段の仕事はいろんなポジションがあって、僕のポジションがちゃんと確保された上でのキャスティングだったんだなと痛感」したそうで、「バイプレイヤーズばかりのこの現場はしのぎを削る感じでしんどかったです」とも。

 本人を演じるという特殊なシチュエーションに「どんなに自然にやろうとしてもやはり限界があるので、実際にはない、尾美としのりさんと渡辺いっけいさんと仲いいみたいな贅沢な設定を超楽しみました」と振り返る浜野だが、「舞台裏を覗いているようでこれも超ウソなわけですが、劇中劇的なものや華やかなものを支える人たちの葛藤や右往左往はコメディの基本部分みたいなものが詰まってるように思うので面白い」と感じたことを明かしている。

★浜野謙太/1981年8月5日神奈川県出身。ミュージシャンとしてデビューし、自身がリーダーを務めるバンド・在日ファンクではボーカルを担当。2011年公開の映画『婚前特急』から俳優活動を本格化させ、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』、大河ドラマ『西郷どん』での伊藤博文役、『グッド・ドクター』『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(ともにフジテレビ系)、映画『おいしい家族』などで注目を集める。5月17日スタートの本家朝ドラ『おかえりモネ』にも出演予定。

●『バイプレイヤーズ』第8話プレイバック

 バイプレウッドに激震! 朝ドラ『べじたぶる』のヒロインが降板…。そのニュースを聞きつけた民放各局の女優たちは、自分に声が掛かるかもしれないと色めき立っていた。そんな時、尾美としのりが吉田羊、芳根京子、本田望結、富田望生と次の朝ドラヒロインが誰なのかを予言し始める。しかし、この予言がきっかけで4人は、ヒロインをめぐる熾烈な戦いを繰り広げることに! ヒロインの座は一体誰の手に!?

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介