『映画 賭ケグルイPart2』藤井流星、狂気の全貌が明らかに 銃声鳴り響く衝撃の特報解禁

映画
【使用不可】【二次使用不可】『映画 賭ケグルイPart2(仮題)』
『映画 賭ケグルイPart2(仮題)』ティザーポスタービジュアル (C)河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX (C)2021 「映画 賭ケグルイ2」製作委員会

 女優の浜辺美波が主演を務める人気漫画の実写化『賭ケグルイ』の劇場版第2弾『映画 賭ケグルイPart2(仮題)』より、特報映像が解禁。ジャニーズWESTの藤井流星演じる、史上最凶最悪の刺客・視鬼神真玄(しきがみまくろ)の狂気の全貌を収めたものとなっている。

 河本ほむら原作、尚村透作画で月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)連載中の漫画『賭ケグルイ』は、2018年1月に実写ドラマ化され、手に汗握るゲーム展開、個性的なキャラクターと若手俳優たちの振り切った演技が大きな話題に。そして2019年春にはシーズン2を放送、続く2019年5月には完全オリジナルストーリーによる『映画 賭ケグルイ』が全国公開され大ヒットを記録した。

 本作は、そんな人気シリーズの劇場版第2弾。前作で描かれたギャンブルバトル“生徒代表指名選挙”が幕を閉じた直後の物語が、原作者の河本監修の完全オリジナルストーリーで描かれる。浜辺らレギュラーキャスト陣が続投するほか、シリーズ最凶最悪の刺客・視鬼神真玄役をジャニーズWESTの藤井流星が務める。監督は英勉。

 生徒代表指名選挙を終え、平穏が戻ったかのように思われた私立百花王学園。しかし生徒会は、蛇喰夢子の幾度にも及ぶ逆転劇に危機感を募らせていた。一方、学園内では生徒会への上納金を支払えない家畜の人数が爆発的に増加。「家畜の呪い」と呼ばれたその謎の現象により、学園内は異様なムードに包まれ、家畜たちによる生徒会役員への公式戦ギャンブルが横行する非常事態となっていた。

 そんな中、一人の男が突如学園にあらわれる。彼の名は視鬼神真玄。2年前に起こしたある事件をきっかけに、生徒会長・桃喰綺羅莉によって学園を追われた過去を持つ、共感覚という特殊能力を持った最凶最悪のギャンブラーだ。学園を混沌に陥れる視鬼神の毒牙はやがて、夢子の背後にも迫ろうとする…。

 特報は、重苦しい暗雲が漂う中、私立百花王学園に視鬼神真玄(藤井)が突如現れるところから始まる。視鬼神は学園に足を踏み入れるやいなや、ギャンブルで名をはせる皇伊月(松田るか)、早乙女芽亜里(森川葵)を次々と打ち負かしていく。禍々しい存在感を放つこの男を以前から知る様子の生徒会長・桃喰綺羅莉(池田エライザ)は「久しぶりね」とつぶやく。

 そんな視鬼神の最大の狙いは、転校以来次々と生徒会役員をギャンブルで負かし、学園を揺るがすギャンブル狂の蛇喰夢子(浜辺美波)との対戦。「お前から、ギャンブルを奪う」。その視鬼神の台詞とともに学園はかつてない危機に見舞われ、“家畜の呪い”と呼ばれる謎の現象に鈴井涼太(高杉真宙)や芽亜里らが翻弄される姿が映し出される。

 後半では視鬼神が「賭け狂おうぜ!」と挑発的に叫び高笑う姿や、キメ台詞「賭け狂いましょう」も健在の蛇喰夢子が「命がけのギャンブルがしたい!」と恍惚の表情を浮かべ視鬼神に劣らぬ狂気を漂わせる姿も。最後は冷徹な表情で夢子に銃口を向ける綺羅莉が「私が殺す」と引き金に指をかけ、銃声が響き渡るところで終了。これまでより過激で衝撃的なストーリーになっていることがうかがえる特報となっている。

 映画『映画 賭ケグルイPart2(仮題)』は5月全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介