戸田恵梨香、ジュエリーベストドレッサー賞受賞 初ジュエリー秘話を告白

エンタメ
「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」表彰式 20210114
「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」表彰式に登場した戸田恵梨香  クランクイン!

 女優の戸田恵梨香が14日、都内で行われた「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」表彰式に出席した。ブラックのロングドレスで登場した戸田は、今回の受賞に「ますますドレスを着たいなと思います」と宣言。初ジュエリーについてのエピソードも明かした。

 日本ジュエリーベストドレッサー賞は、過去1年間を通して“最も輝いている人、宝石が似合う人”を世代別、男性部門、特別賞に分けて表彰するもの。32回目となる今回は、戸田のほか、森七菜、新木優子、小池栄子、斉藤由貴、田中美佐子、横浜流星、内田篤人が出席した。

 30代部門に輝いた戸田は、多数のヒット作で主演を務める実力派女優であることに加え、昨年末の松坂桃李との結婚で明るい話題で日本を元気にしたことから、光り輝くジュエリーがふさわしいと絶大な支持を集めて受賞。ブラックのドレスを身に着けた戸田は「初めてジュエリーを身につけたのが20歳のときでした。両親がパールのネックレスをプレゼントしてくれて、私にとってはそれがお守りのようで、両親が守ってくれているような存在で、大事なときに身につけるようにしております」と初めてのジュエリーに関するエピソードを披露した。

 今後については「ますますドレスを着たいなと思います」と宣言。「普段過ごしているとカジュアルな服がどうしても多くなってしまうんですけれど、普段からしっかりドレスを着て、(ジュエリーが)自分の底上げをしてくれる存在になったらいいなと思います」と語った。

 また森は、透明感のある美しさがジュエリーの清純なイメージにぴったりだと評価され、10代部門を受賞。「初めてのジュエリーは去年の誕生日にお母さんがくれたもので、馬の蹄の形をしたジュエリー。初めてそれを見た瞬間に、すごく心が躍って、私にはまだ大人なような気がしていたけど、私のためにあるこのジュエリーは他のものより輝いて見えるなと思いました」とジュエリーの思い出を明かした。

 さらに男性部門を受賞した横浜は、“女優の横浜流星”と誤った紹介を受けるハプニングに「女優の横浜流星です」と笑顔で応じる余裕を見せ、会場を沸かせた。「普段僕はジュエリーを身につける機会がなかなかないので、とても驚いています」としたうえで、「この日を期に、ジュエリーを身につけ、ジュエリーに見合う男になっていけたらなと思いますし、ジュエリーのように輝けるよう日々まい進していきたいと思います」と決意を新たにした。

受賞者一覧は以下の通り。

■10代部門:森七菜
■20代部門:新木優子
■30代部門:戸田恵梨香
■40代部門:小池栄子
■50代部門:斉藤由貴
■60代以上部門:田中美佐子
■男性部門:横浜流星
■特別賞:内田篤人

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介