「めでたし、めでたし」で終わらない現実の世界 『フェアリー・ゴッドマザー』で描かれる“ハッピーエンド”とは?

映画
『フェアリー・ゴッドマザー』場面写真
『フェアリー・ゴッドマザー』12月11日(金)よりディズニープラスにて独占配信 (C)2020 Disney

 ちょっぴりドジな見習い妖精が、“女の子”たちの願いを叶えるために奮闘する姿を描くファンタジー映画『フェアリー・ゴッドマザー』が、ディズニー公式動画サービス「Disney+(ディズニープラス)」で12月11日より公開となる。妖精が助けようとするのは、おとぎ話のプリンセスではなく、シングルマザーとその娘たち。ステッキから放たれる魔法にワクワクとさせられるだけでなく、ヒロインが“本当の幸せ”を見つけていく姿が胸を打つ、大人にこそ響く1作となっている。

■現代に降臨した見習い妖精が愛らしすぎる!

 舞台は、スマホやインターネット、あらゆる技術によって快適に過ごせるようになった現代。人々は魔法や夢を忘れ、おとぎの国は閉鎖寸前となっていた。見習い妖精のエレノアは、妖精が必要とされれば国を救えると考え、10歳の少女・マッケンジーの手紙に書かれた願いを叶えに会いに行くが、彼女はすでに大人に成長。数年前に夫を亡くして希望を失っていたマッケンジーに、エレノアは"王子様と幸せに暮らす"最高のハッピーエンドを贈ろうとする…。

 ピンクのボリューミーなドレスに身を包んだエレノア。ちょっぴりドジで空回りすることもあるけれど、「マッケンジーと娘たちの願いを叶えるためには、どうしたらいいの?」と考える彼女は、いつも一生懸命でどこまでもまっすぐ! コメディエンヌとしても知られる女優のジリアン・ベルが生き生きとエレノアを演じており、彼女が画面に現れるだけで、楽しい気持ちになる。

 一方のマッケンジーに扮するのは、アイラ・フィッシャー。2人の娘を抱え、悩みながら子育て&仕事に取り組んでいるシングルマザーを溌剌とした魅力とともに演じている。もちろん、日常生活に突然現れた妖精エレノアに戸惑うマッケンジーだが、次第に距離を縮めていく2人。作中での彼女たちのやり取りが実に面白く、息がピッタリあった楽しい雰囲気が画面からも伝わってくる。

 エレノア役のジリアンは、「私たちはすぐに仲良くなれると思った」と話しており、マッケンジー役のアイラも「最初のリハーサルから、これは楽しくなると思ったわ。私たちはユーモアのセンスもモラルも同じ。そういう人と組むとすごく楽しいの」とお互いに最高の共演者だったことを明かしている。

■エレノアがかける“心の魔法”

 ホットチョコレートにマシュマロをいっぱいに浮かべたり、馬車やドレスや出現させてみたり。エレノアが振りかけるのは、いつも“誰かのため”を思って出す魔法。さらに、彼女が伝えてくれるのは、目に見える魔法だけではない。ある時は、父を失って以来、人前で歌えなくなってしまったマッケンジーの娘・ジェーンのために一緒に街で歌を歌うエレノア。彼女は“一歩踏み出す勇気”という、“心の魔法”も教えてくれるのだ。コミカルで、あたたかくて、優しいエレノアの魔法に、見ているこちらもいつの間にか笑顔になっていた。

 本作の最大の見どころとも言えるが、この“心の魔法”。「王子と姫は結婚して、幸せに暮らしました。めでたし、めでたし」で終わるおとぎ話と違って、現実は「めでたし、めでたし」なことばかりではない。それを証明するのがシングルマザーのマッケンジーの生き様だが、彼女はエレノアと過ごすうちに、“本当の幸せとは?”と自身に語りかけていく。

 ジリアンは、本作のインタビューの中で、「私たちの世代は、“ハッピーエバーアフター(いつまでも幸せに)というのは王子様がいて、美しいドレスがあって、お城があって…”というものだと思い込まされていたわよね。でも、この映画のメッセージはそれとは違うわ。もっとモダンな視点から語るの」と本作が描く現代的な要素についてコメント。

 「脚本にすごく感動した」というアイラも、「私自身も母親で、子供たちにどんな話を聞かせるか、いつも考える。世の中にはステレオタイプな話や、今の世の中で聞かせるのに相応しくないテーマの話がたくさんあるから。これは、家族みんなで見られる、素敵な映画を作るチャンスだと思った」とポジティブなメッセージに共感したという。

 そして、この映画は困難なことが多かった2020年だからこそ届けたい映画だと強調する。「ほんの一瞬でも、違う世界に逃避させてあげることができたら嬉しいわ。そして、魔法はあるのだと思い出して欲しい」(ジリアン)、「親としては、パンデミックで友達と会えない中、子供が心を惹かれる良い作品を見つけてあげるのは難しい。この映画の配信をほかの多くの親たちも、きっと喜ぶと思うわ」(アイラ)。

 困難なことがあっても、この世にはきっと愛があふれている。そんな“心の魔法”を信じさせてくれる内容となっており、経験や年齢を重ねた大人にも見応えのある1作だ。(文:成田おり枝)

 『フェアリー・ゴッドマザー』は、12月11日(金)より「ディズニープラス」にて独占配信。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介