岡田将生×志尊淳の仲むつまじい様子も『さんかく窓の外側は夜』メイキング映像到着 新カットも

映画
映画『さんかく窓の外側は夜』
映画『さんかく窓の外側は夜』場面写真 (C)2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

 俳優の岡田将生と志尊淳がダブル主演を務め、元欅坂46の平手友梨奈がヒロインを演じる映画『さんかく窓の外側は夜』より、11月29日の<イイニクの日>にちなんで、焼き肉店で冷川(岡田)と三角(志尊)が心霊探偵バディの“契約を交わす”シーンのメイキング映像と、2人が連続殺人事件に潜む呪いの謎を追う姿を収めた場面写真が解禁された。

 ヤマシタトモコによる同名ミステリーホラー作品を実写化した本作は、霊をはらうことができる男と霊を見ることができる男の2人が、“除霊”を使って謎や事件を解決していく姿を描く。岡田が霊をはらえる除霊師・冷川理人を、志尊が霊が見える特異体質に悩まされている書店員・三角康介を演じ、平手はストーリーの鍵を握る“呪いを操る”女子高生ヒウラエリカにふんする。

 幼い頃から幽霊が視える特異体質に悩まされていた三角は、勤務先の書店で除霊師・冷川と出会う。冷川に自分の助手になるように誘われ、一旦は断るものの「僕といれば怖くなくなりますよ」の一言に引かれ、除霊作業の仕事を共にすることに…。

 メイキング映像は、除霊の仕事を終えた2人が焼き肉店で食事をするシーン。正式にバディとなる契約を交わす、まさに心霊探偵バディ誕生の瞬間を捉えたものになっている。緊張感あふれる撮影の雰囲気とは一転、撮影の合間に談笑する岡田と志尊の仲むつまじい様子も。劇中では他にも焼き肉を食べるシーンがたびたび登場し、謎を追うごとに変化していく2人の関係性も見どころとなっている。

 場面写真は、野外の焼き肉シーンのほか、冷川の事務所で連続殺人事件について話す半澤(滝藤賢一)や、事件を追ううちにたどり着いた呪いを操る女子高生・非浦英莉可(平手)と神妙な面持ちで向き合う冷川と三角を捉えたものなど、4点が公開された。

 映画『さんかく窓の外側は夜』は2021年1月22日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介