“近衛文麿”松重豊・“美濃部達吉”佐野史郎ら『日本独立』重厚感あふれる場面カット

映画
映画『日本独立』
映画『日本独立』場面写真 (C)2020「日本独立」製作委員会

 俳優の浅野忠信、女優の宮沢りえ、俳優の小林薫が出演する、第二次大戦終戦直後の日本の独立の裏側を描く映画『日本独立』より、場面写真が解禁。柄本明ほか脇を固める豪華キャスト陣を捉えたものとなっている。

 第二次大戦終戦直後、GHQに占領された日本において、そのGHQと互角に渡り合った二人の男、吉田茂と白洲次郎。米国主導で早急に憲法改正を推し進めようとするGHQに抵抗し、熾烈な戦いに挑む彼らの心にあったものは、一刻も早い日本の独立への思いだった。

 本作は、親子ほども年の離れた吉田茂と白洲次郎の絆を軸に、終戦から憲法制定、独立に至る歴史の裏側のドラマを、日本側とアメリカ側の両方の視点から、歴史に基づくイマジネーションを交えてスリリングに描き出した人間ドラマ。

 吉田茂の右腕としてGHQとの交渉の最前線で辣腕を振るい、GHQをして「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめた白洲次郎を演じるのは浅野。そして、冷徹な視点をもって未来を見据え、占領下にある日本の独立への道を切り開いていく政治家・吉田茂にふんするのは小林。また、白洲次郎の性分を知り尽くしている理解者で、能や工芸に造詣が深く、のちに随筆家として名を成す次郎の妻・正子を宮沢が凛とした佇まいで演じる。監督は、映画『プライド 運命の瞬間』や『ロストクライム ‐閃光‐』を手掛けた社会派の名匠・伊藤俊也。

 今回解禁されたのは、浅野、宮沢、小林の脇を固める豪華キャスト陣を捉えた場面写真。1枚目は、吉田茂と共に日本独自の憲法制定に情熱を注いだ国務大臣・松本烝治役の柄本明。2枚目は、元内閣総理大臣・近衛文麿役の松重豊。3枚目は、内閣総理大臣・幣原喜重郎役の石橋蓮司。4枚目は、厚生大臣・芦田均役の伊武雅刀。

 さらに5枚目は、憲法学者・美濃部達吉役の佐野史郎。6枚目は、内閣法制局長・楢橋渡役の大鶴義丹。そして政治家たちが一堂に会した場面写真も公開。どの人物も重厚感あふれる雰囲気を醸し出しており、彼らが織りなす熱演バトルに期待が高まる写真となっている。

 映画『日本独立』は12月18日より全国順次公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介